話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第7話

「これは由々しき問題でございます」
「分かっておる」
「犯人を捕まえて、背後にいる者も吐かせました。
直ぐに逮捕していただきたい」

サライダ公爵家の公用人が、宰相府の次官に厳重な抗議を行っていた。
王太子殿下の権力で事件が握り潰されないように、先に襲撃の噂を王都内全域に流していた。
他の噂なら聞き逃されたかもしれないが、禁忌とも言える地下用水路を使っての襲撃は瞬く間に広まった。

特に絶対にあってはならない、地下用水路に毒を流すと言う凶行は、平民ばかりでなく貴族士族にも衝撃を与えた。
何よりも興味を引かれたのは、実行犯達がメイヤー公爵領の人間だったと言う事だった。

昨日の王太子殿下によるカチュアへの婚約破棄宣言と、メイヤー公爵家の養女が新たな婚約者に選ばれた件は、権力構造の劇的な変化として、貴族士族の間で駆け巡っていたからだ。
当然今回の襲撃事件も、権力闘争の一環だと受け止められた。

犯行を指示した者が、メイヤー公爵領の犯罪者ギルドである事までは、サライダ公爵家の捜査で分かっていた。
だが、だからと言って、サライダ公爵家がメイヤー公爵領に押し入って、犯罪者ギルドの人間を逮捕する訳にはいかない。

それが出来るのは、王家の憲兵隊だけだ。
普通の王家の警察は、平民しか捜査逮捕権がない。
だが、宰相府の権力者であろうと、今回の件は迂闊に手が出せないかった。
どう考えても、今回の件は、王太子殿下とメイヤー公爵閣下がやらせたモノだ。

次期国王陛下と次期宰相閣下を相手に、捜査逮捕など出来るはずがない。
普通はそうだ。
だが今回は、地下用水路に毒を流すと言う、オアシス王国の存立にかかわる重大犯罪だ。
うやむやには絶対に出来ない事件だった。
しかも既に王都中に事実が流布しており、隠蔽など絶対に出来ない状態にあった。

ここまで的確で早い一手を打てたのは、カチュア様襲撃の報告を受けた城代が、常在戦場の優秀な戦士だったからだ。
長年カチュア様の護衛を務めていた戦闘侍女も、実行犯を殺してしまうと、背後にいる黒幕を追い込めない事をよく知っていた。
だから襲撃犯を殺すことなく、生け捕りにしていた。

即座に拷問官が送られ、苛烈とも言える拷問が行われた。
陰惨な仕事を務める拷問官であろうと、カチュア様への忠誠心は鋼鉄のように揺るぎのないモノだった。
殺してしまわないように、慎重に激烈な痛みを与える拷問が加えられた。

もちろんカチュア様は、館の奥深くに隠し、護りを固めた。
拷問が行われている事など知らされなかった。
いつも通りの厳重な警備が行われていた。
王太子殿下との婚約が破棄されたとは言え、不貞を捏造されないように、父親以外の男性は絶対に側に近づかせなかった。

サライダ公爵家は、万全の防御態勢を固めた上で、敵の悪手を的確に撃退して、攻めの一手に出た。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く