話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第3話

「御父上様、御母上様、早く逃げなければいけません」
「どうしたんだ、カチュア」
「王宮で何かあったの、カチュア」

王城内のサライダ公爵家の屋敷に戻ったカチュアは、王宮での出来事を両親に話した。
謀略が苦手な両親も、事の重大さに気が付き、王城屋敷付き重臣を呼び寄せ、急ぎ善後策を相談した。
対応策を任された重臣は、婚約破棄は受け入れるにしても、公爵家の権力を出来るだけ残そうと考えた。

だがここで、カチュアが王宮で会ったシャーロットの危険性を訴えた。
最初は半信半疑だった両親も、徐々にカチュアの訴えに耳を傾けた。
重臣に至っては、疑問などさしはさむことなく、カチュアの言う事を信じた。
唯一公爵家の血を引くカチュアの安全を優先したのだ。

重臣は急ぎ王宮に人を走らせた。
カチュアの婚約破棄を受け、本人と公爵夫妻が心労で倒れたと。
同時に休暇願いも出して、王都内の館で静養したいと申し出た。
王城内では危険だったからだ。

ゴライダ王国は、東西交易の要衝だった。
極端に水が少ない砂漠と荒野の中で、唯一巨大なオアシスがある場所だった。
オアシスを中心に、五十万と言う民が住む王国だった。
だから東西の大国に攻め込まれても大丈夫なように、城壁で護りを固めていた。

少しオアシスから離れた岩山を中心に、三重の城壁で護られた王城は、本丸の王宮を中心に鉄壁の護りを誇っていた。
だが、外敵には強かったが、内なる敵にはとても弱かった。
王太子殿下とメイヤ―公爵家が敵に回ったら、刺客に殺される可能性が高かった。

そこで王都内にある館に逃げる事にしたのだ。
王都城壁はオアシスと民を護る城壁で、王城の総構えでもある。
簡単に言えば、王城を護る城壁の中で、最も外側にあって、最も広い城内を持っている。
その一角に、サライダ公爵家の館があったのだ。

館とはいっても、小さな城とも言える堅牢な造りだ。
それも当然で、外敵が攻め込んできた時には、城壁と一体化している館に籠り、外敵を撃退する事が期待されてるからだ。
だからその周辺が公爵領だった。

王都の城壁内は一四四もの坊に分けられている。
公爵領は、八つもの坊からなっている。
オアシスから地下水路が引かれ、家臣領民の家だけでなく、広大な畑まで広がっていた。
今では城壁の外にまで地下水路が引かれ、サライダ公爵家の富の源泉となっていた。
そこにさえ逃げ込めれば、王太子殿下も迂闊に手出しは出来ないと考えたのだ。

王城屋敷の重臣は、急ぎ逃亡の手筈を整えた。
国王陛下重病の噂は流れているが、未だ崩御の知らせはない。
だから政治の実権は、現国王陛下とその重臣が担っている。
王太子殿下には、自分の婚約破棄は独断で出来ても、休暇願いを握り潰すことは出来ない

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く