話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

侯爵令嬢が婚約破棄されて、祖父の傭兵団長が激怒した。

克全

第2話

私は一人でハワード侯爵家に乗り込んだ訳ではありません。
ハワード侯爵領出身の娘を筆頭に、傭兵団から護衛を連れて来ました。
魔獣を狩れるような猛者は同行させず、傭兵団に残しました。
魔獣狩りが傭兵団の収入源です。
私の護衛程度のために、彼らを連れてくるわけにはいきません。

だからと言って、私に付いて来てくれた者達が弱い訳ではありません。
男死病が流行する前の、男全盛時代の騎士が相手でも負けない力量です。
いえ、負けないと言うのは謙遜です。
男騎士を圧倒する強さです。
まして今のような弱弱しい男どもなど、者の数ではありません。

彼女達を女騎士や戦闘侍女に任じて、身の安全を図りました。
まあ、私一人でも、今のハワード侯爵家の騎士や兵士程度なら、正々堂々と正面から戦うのなら、後れを取る事はありません。
問題は毒殺などの暗殺を仕掛けられた時です。
食べなければ死んでしまいますし、眠らない訳に行きません。

不寝番を務めてくれる者が必要ですし、毒見をしてくれる者も必要です。
そんな役目を務めてくれる、信頼出来る女達を連れて来たのです。
彼女らは護衛を務めてくれただけではありません。
領内各地を巡検してくれるのです。
ハワード侯爵領から逃げ出して傭兵団に加わったデリラを中心に、代官の不正を正して回ってくれたのです。

そんな私の行動を、当代のハワード侯爵は黙ってみていました。
私のやり方が正しいと思ってくれているのか、それとも、文句を言って逃げ出されたら困ると思っているのか、本心は分かりません。
ハワード侯爵がどう思っていても関係ありません。
私の信じる方法で領地を治めるだけです。

ですがどうしても互いに引けないことがあります。
ハワード侯爵は、貴族の跡継ぎは貴族同士の間に産まれた者でなければならないと、生き残った豚のような貴族と私の婚約をすませていたのです。
この言い草は絶対に認められません。
認めたら、庶子であった祖父や、平民上がりの傭兵だった父を辱める事になってしまいます。

断固として断りました。
極端に男の少なくなった世の中で、種馬のように生きている貴族と契るなど、虫唾が走ります。
それに私には心に決めた相手がいます。
幼い頃から共に学び、共に剣の鍛錬をしたマイケルです。

本当はマイケルに一緒に来てもらいたかったのですが、複数の魔獣を同時に相手出来るほどの手練れを、傭兵団から連れて来るわけにはいきませんでした。
寂しい事ですが、仕方がない事です。
ですが私の結婚相手はマイケルだけです。
だからハワード侯爵が決めた婚約は破棄しなければなりません!

「侯爵令嬢が婚約破棄されて、祖父の傭兵団長が激怒した。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く