話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。

克全

第6話

「殿下、御止めください。
婚約をしているとは言っても、結婚式を挙げるまでは指一本触れさせません!」

「ふん!
何を言おうと無駄だ!
この事はアントリム公爵も承知の事だ!
大人しく言う事を聞け!」

獣欲に囚われた王太子ロアンは、放課後にアントリム公爵王都屋敷に乗り込んで、アントリム公爵承知の上で、マリアに襲い掛かった。
獣欲に目を血走らせ、口の端から涎を垂れ流し、荒く大きな息を吐いている。
その息は半ば消化された酸い獣肉臭がする。
その悪臭は、暴れて逃げようとしていたマリアが、思わず息を止めてしまうほどだった。

「嫌でございます。
やめてください。
御助けください兄上!」

「愚か者め。
ここにアベルはおらん。
今頃は魔獣に喰い殺されておるわ」

部屋の中を必死で逃げ回るマリアのドレスを破り脱がしながら、アベルは満足げに吐き捨てた。
そうなのだ。
ずっと自分を制止してきたアベルを憎むロアンは、アベルを暗殺すべく、魔獣に殺されように見せかける刺客を放っていたのだ。

「やれやれ、オイタをする未熟者には、御仕置が必要だね」

「何者だ!
余の邪魔をするとただではおかんぞ!」

マリアを押さえ込み、いよいよ欲望をとげようとしていたロアンだったが、それを制止するように、なにもなかったはずの部屋の片隅から、イアンの言葉が届いた。

「父上の命に従うか、兄上の想いに応えるか、正直迷っていたのですが、これはいけませんね。
それに父上も、王太子が兄上を殺そうとしたと知ったら、今迄と考えを変えるのは必定です」

「何の事だ!
余は何も知らん。
何も知らんぞ!」

自分が何か失言したと気がついたロアンは、獣欲で真っ赤に上気していた顔を今度は真っ青にして、全身を高熱に犯されたようにブルブルと震えさせながら、必死で否定の言葉を吐いた。

「ぎゃぁぁぁぁ!」

だがイアンは、ロアンの言い訳など聞かなかった。
御調子者のように見えても、兄想い姉想いなのだ。
口では父親と兄の間で迷っていたかのように言っているが、最初から兄の頼みを聞いて、姉を助ける心算だったのだ。
いや、兄の言葉がなくても、姉を助けていただろう。

だが幸いと言っていいのか、ギリギリで助けようと部屋隅で隠れていた御陰で、王太子の悪事を耳にする事ができた。
だから王太子には、最初に考えていたより重い御仕置をする事にした。

最初は、幻覚魔法をかけて想いをとげたように思わせて、満足させて安らかに眠らせて、部屋に放置して風邪をひかせる心算だった。
それを使い魔の黒猫に急所を噛ませ、電撃を流して悶絶させた。
更に急所に呪いをかけて、獣欲を感じる度に激痛が走るようにしたのだ!



「婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く