話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。

克全

第3話

「アベル。
殿下とマリアを二人きりにしろ」

アントリム公爵家当主のケインは、いよいよ息子のアベルに王太子にマリアを抱かせる決断をした。

「それは不可能です。
私だけが殿下の側にいる訳ではありません」

だがアベルは逆らった。
養女のマリアを不幸にしたくなかった。
できる事なら、愛する人と結婚させてやりたかった。

「嘘をつけ!
お前が邪魔しなければ、他の者は殿下の言いなりであろう」

「いえ、ルーカスがいます。
私が父上の命で殿下の側にいるように、ルーカスはクランリカード侯爵の命で殿下の側にいます。
私が無理にマリアと殿下を二人きりにしようとしたら、剣にかけて阻むでしょう。
その時は剣で争うことになります。
それでも宜しいのですか?」

アベルは父親が慎重なのが分かっていた。
急いで無理な勝負はせず、時間をかけて安全な勝利を手に入れようとする。
だから父親と対抗しているクランリカード侯爵の事を口にした。
少しでも証拠を残せば、アントリム公爵家が足元をすくわれかねない。
そう父が考えると、アベルは判断したのだ。

「密かに始末できないか?」

「私の手を穢せと申されますか?」

「いや、そうではない。
跡継ぎのお前にそんな危険な真似をさせるわけにはいかない。
汚れ仕事はお前には向かぬ。
そういう事は儂がやる。
お前は聖騎士として世の中の為になる事をしろ」

ケインは息子を愛していた。
権謀術数に長けた男ではあったが、それも人並み以上の父性愛があった。
ましてその息子が聖騎士に認定されたのだ。
愛情が溢れて、暴走しそうになる時もあったが、元々の慎重な性格が何とかそれを抑えていた。

「しかし父上。
私が殿下の側を離れたら、それこそルーカスが殿下に意中の令嬢を抱かせます。
そんなことになったら、また可哀想な子が産まれてしまいます」

アベルは別に王太子が誰を抱こうが平気だった。
だがそれは、両者が本当に愛し合っていて、将来結婚すると言う前提だ。
しかし王太子は、ただ己の獣欲を満たすためだけに令嬢達を抱いている。
子供ができても、何の愛情も持たず、ケインが闇に葬るのを、むしろ手間が省けたと喜んでいた。

それでは傷者にされた令嬢も、闇に葬られた子供も可哀想過ぎる。
だからこそ、身体を張って令嬢達をかばってきた
他の側近や護衛が、己可愛さに我関せずを決め込んでいても、身を挺して殿下を諫め続けてきた。
父が名声を求めろと命じようと、簡単には応じられなかった。

「その事は心配するな。
以前と違い、今の護衛の半分は儂の息がかかっている。
以前のようにお前一人に無理はさせぬ。
それにジョシュアがいるではないか。
ジョシュアなら、殿下とルーカスを同時に手玉に取ってくれるであろう」

「婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く