話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。

克全

第4話

「兄上様。
本当に行ってしまわれるのですか?」

マリアは不安だった。
聖騎士に認定されたとは言え、アベルはまだ十七歳だ。
魔獣の跳梁跋扈する大魔境に討伐に行くとなると、何も心配するなと言うのが無理な話だった。

「何の心配もいらない。
護衛の者達も腕の覚えのある歴戦の戦士だ。
相手が魔獣であろうと、不覚を取ったりはしないよ。
それよりもマリアの方が心配だよ。
ジョシュアとスカイラーの言う通りにするのだよ」

一方アベルはマリアの事が心配で仕方がなかった。
王太子殿下は劣情の激しい方だ。
今迄は自分の力で抑え込んでいたが、男爵子息と男爵令嬢の立場しかないジョシュアとスカイラーに抑えきれるか心配だった。
敵対する相手ではあるが、ルーカスの手腕に期待するしかなかった。

「どうしても行くと申されるのでしたら、私も御一緒させてください。
私が御一緒すれば、どのような傷でも治して差し上げられます。
どうか私も御連れください」

マリアはアベルの側にいたかった。
いつかは王太子に嫁がなければいけない身であるからこそ、少しでも長く兄の側にいたかった。
それが、その残されたわずかな期間に、兄が大魔境の遠征に行くと言うのだ。
どんな理由をでっちあげても、側にいたかった。

「ちょっと、ちょっと、ちょっと。
これじゃまるで死出の旅路に出る恋人を送る令嬢じゃないですか。
兄上も姉上もたいがいにして下さいよ。
家臣達が不審に思いますよ」

ふざけた感じで次男のイアンが話に加わってきた。
兄想い姉想いの弟だが、重い雰囲気が苦手な御調子者で、この場の雰囲気が嫌になってチャチャを入れてきたのだ。
周りの家臣達も助かったと言う顔をしている。
死の危険のある討伐に参加する家臣達にも、この雰囲気は遠慮したかったのだ。

「馬鹿な事を言うな、イアン。
俺はマリアが心配なだけだ。
何と言っても殿下が相手なのだ。
従属爵位を借りただけのジョシュアとスカイラーの言う事を、聞いて下さるかどうか心配だったのだ」

「……」

アベルに他意はなかったので、何のわだかまりもなく答えたが、マリアは違った。
恋人同士のようだと言われて、のぼせ上って顔が真っ赤になってしまった。
とてもではないが、顔を上げる事などできず、下を向いて黙り込んでしまった。
マリアには周囲の温度まで急上昇したように感じられていた。

「姉上はそうでもないようですよ。
まあ、姉上の兄上好きは今に始まった事ではないですがね。
ですが姉上の心配ももっともです。
だから僕がついて行って差し上げましょう
僕が御一緒すれば百人力ですよ」

「まあまて、俺としてもイアンに着いて来てもらえたら百人力なんだが、イアンには別にやってもらいたいことがあるんだ」

「婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く