話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。

克全

第5話

「殿下、勝手は御止めください」

「ルーカス。
お前まで余の邪魔をするか!」

アベルが側からいなくなった王太子は、また令嬢を毒牙にかけようとした。
だがそれを、クランリカード侯爵家のルーカスが許さなかった。
ルーカスは細身だが引き締まった長身の騎士だ。
学生の身で騎士に叙任されているの、侯爵家の長男だからではない。
学園内の剣技ではアベルと一二を争い、歴戦の騎士団に入っても些かも見劣りしない凄腕で、実力で騎士に叙任されているのだ。

そんなルーカスが冷めた黒い瞳で王太子を見ている。
心の中では王太子を汚物のように思っているが、それを表に出すほど青くも愚かではないが、御追従ができるほど器用でもない。
今迄は苦手な役目をアベルに任せていたが、アベル不在とあっては、クランリカード侯爵家の利益のためにも見過ごせなかった。

これがクランリカード侯爵家の息のかかった令嬢だったら、ルーカスは王太子の好きにさせていただろう。
だが今回王太子が狙った令嬢は違った。
アントリム公爵派にもクランリカード侯爵派にも属さない、第三勢力と言うべきか、それとも中立と言うべきか分からない、オーモンド伯爵家の令嬢ステラだった。

ステラはこの国に多い金髪碧眼で、細身で小柄な身体がキビキビと動き、小動物のような可愛いさがあった。
そして動く度に、左右におさげにした髪を縦巻きにカールしたロールヘアが、男を誘うように動くのだ。
それだけではなく、身に付けた香水が男の理性を破壊してしまう。

どう見ても学ぶために学園に来る姿ではない。
男を誘い罠に嵌めるためとしか思えない姿だった。
ルーカスは苦々しい思いだった。
アントリム公爵派とクランリカード侯爵派に別れていた社交界に、新たな勢力が現れたかもしれないのだ。

「王太子殿下。
陰からずっと御慕いしておりました。
どうか我が想いを御汲み取りください。
いつでも御待ちしております」

「黙れ!
殿下はマリア嬢と婚約しておられるのだ。
城下の売春婦のような事を、伯爵家の令嬢が口にするなど、恥を知りなさい!」

謹厳実直で生真面目な性格のジョシュアが、思わず怒りを露にした。
全身に力が入り、傍目にも激怒している事が分かるくらいだった。
当主ケインの野望と、長男アベルのマリアへの優しさを知っているジョシュアは、なにを優先すべきか苦慮していたが、思わず叫んでしまっていた。
だがそれがマリアを窮地に追い込むことになった。

「ほう、そうかジョシュア。
確かにマリアが余の婚約者だったな。
他の令嬢を傷者にしてはいけないと言うのなら、正妃となるマリアに相手してもらおうではないか」


「婚約破棄された聖女な公爵令嬢は、義兄に恋する。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く