話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第226話ボッタクリ

「ミノル、ノーラたちが相談を終えたようだぞ」

「ありがとう白虎」

「ミノル様、先程の教育係の依頼をお受けしたいと思いますが、報酬はどれくらいになるんですか?」

「そうだな、ノーラたちほどの冒険者に教育を頼むんだ、それなりの報酬にしないといけないな」

「できれば、ミノル様が売っていると言う、酒が買えるくらいの報酬は欲しいです」

「では1時間教えてくれたら、大銀貨1枚と言う事でどうだ?」

物凄く大雑把な感覚だけど、大銀貨1枚で日本円の1万円程度だ思うから、1日8時間教えるとして、日当8万円くらいにはなるだろう。

「それでミノル様の酒は買えるのですか?」

「あ~と、いくらで売っていたっけ?」

(1番安い酒で小金貨8枚で、1番高い酒で小金貨45枚だ)

(そんな高い値段にしてたか!?)

(ボッタクリだな)

(そんな言葉は覚えなくていい、セイ)

「売値を忘れられたのですか?」

「思いだした、1番安い酒で小金貨8枚で、高い酒なら小金貨45枚だった」

「小金貨45枚!」

ノーラたちが随分驚いているが、確かに高すぎたか。

「まあ相手が金持ちのドワーフ族や貴族だったから、少々高額でも飛ぶように売れたんだ」

「少々ではありませんよ、いくらなんでも小金貨45枚は高すぎます」

「そう言われてもな、その値段でも飛ぶように売れているんだよ」

「そんな値段では、私たちにはとても買えませんよ」

「ノーラたちに行ってもらう冒険者村は、高額で売れるモンスターが沢山いるから、自分たちの実力と比較して、休みの日に狩りに行ってもいいのではないか」

(おいおいおい、ノーラたちの実力では、ジャイアント・レッドベアーを狩るのは無理だぞ)

(他には金になる獲物はいなかったか?)

(小金貨がザクザク稼げるような獲物は、どこにでも転がってはおらんよ、全部命を天秤(てんびん)に賭けた狩りになる)

「私たちでも稼げる狩場なのですか?」

「う~ん、レベルが200を超える歴戦のドワーフ族をリーダーに、レベル100前後のメンバーがチームを組んでいる冒険者たちが多いな」

「そんな所では、とてもではありませんが、満足な狩りができるとは思えません。それにそんなに強い冒険者がいるのなら、私たちが教育係になる必要などないではありませんか」

「ドワーフ族は偏屈な奴が多いから、人間族の子供に基礎を教えるなんて無理なんだよ」

「それで私たちを選ばれたんですね」

「そうだけど、駄目かい?」

「正直ここに残って狩りをする方が、金を稼げますし自由も謳歌(おうか)できます」

「だったら報酬を上げよう、1時間小金貨1枚でどうだい?」

「それならミノル様の売っている酒も買えますけど、本当にいいんですか?」

「そのかわりと言っては何だが、子供たちの安全には気をつけてもらうぞ」

「その点はお任せ下さい!」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く