話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第218話香草薬草の調合

「さて、これくらい狩ったら十分だよ、帰って唐揚を揚げよう」

(おいミノル、これっぽっちでは満足できんぞ)

(また遠見で見てたのか、リュウ)

(城壁造りみたいなチマチマしたことをやってても面白くないから、ミノルたちが狩りをする様子を見ていたのだ)

(分かった分かった、だがリュウには、俺の故国料理を食べさせてやる約束をしていたろ?)

(ふむ、それはまた明日食べるから、今日は唐揚を腹一杯食べさせろ)

(ミノル、唐揚の元になる唐揚粉は、ミノルの故国の品物なんだから、唐揚でもリュウとの約束を守った事になるのではないのか?)

(そうか、そうだな、だったら今回の唐揚で約束を守った事になるな)

(おいおいおい、それは話が違うだろ!)

(分かっているよ、そんな詐欺(さぎ)のような真似(まね)はせんよ)

(そうか、それなら安心だが、だが量はどうするのだ?)

(量が足りないのなら、リュウが適当な魔獣やモンスターを狩ってくれればいいだろ。まあ城壁を作ってくれているから、少しはサービスしてやってもいいけどな)

(本当か? うむ、よい心掛けだ!)

(おいおいおい、リュウは甘やかさない方がいいぞ、図に乗るからな)

(横から水を差すのではない、セイ)

「ミノル様、帰られないのですか?」

俺がリュウの念話の相手をしていたら、その間を疑問に思ったのだろう、オードリーが話しかけてきた。

「ああちょっと考え事をしていたんだ、さあ、帰ろうか」

「ミノル、香草と薬草を集めて、この世界の材料で唐揚粉を作ろうではないか」

「集めるミャ、唐揚粉を作るミャ」

「そうだな、この世界の材料を使った唐揚粉を作くれたら、1人いなっても風魔法を使って、自分で唐揚げを作ることができるな」

「セイ様、からあげことは何なのでしょうか?」

「ミノルが作る美味し料理の材料の事だ、この世界では食べることができない、刺激的な美味しさだがら、楽しみにしておれ」

「まあ! ミノル様が作られるこの世の物とは思えない料理ですか! とても楽しみです」

「おいおいお、そんな簡単に約束していいのか?」

「大丈夫だ、リサーチ魔法を使えば調べられると分かった」

「そうなのか? リサーチ魔法をどう使ったんだ?」

「最初に唐揚粉をリサーチして、そこに含まれる材料を調べる」

「ああそれは分かるが、それだけでは代用になる薬草や香草は分からないだろう」

「我とミノルのレベルなら、ヨタ級のリサーチ魔法を使って、同じ味にするために必要な材料と配分を調べる事ができるのだ」

「もう魔法を試してみて、できる事を確認したんだな、セイ?」

「ああ、ちゃんと試したぞ」

「セイくらいだろうな、唐揚粉を再現するためだけに、ヨタ級の魔法を使う者は」

「何か悪いか?」

「いいや悪くはないよ、じゃあさっさと集めようか!」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く