話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第204話焼餅

ビラン近郊秘密キャンプ

「主、そいつは何者だ?」

「紹介するぞ、今日から一緒に暮らすことになった、俺の妻のオードリーだ」

「妻? 主はそいつと番(つがい)になるのか?」

「番(つがい)とは何だ番(つがい)とは! 夫婦と言え!」

「それで他にはいないのか?」

「他にいないのかとはなんだ、俺が節操のない女誑しみたいじゃないか!」

「女誑しかどうかは知らんが、主ほどの実力者なら、ハーレルムを作るのが普通だろう?」

「俺はそれほどマメじゃないぞ」

「だが強い雄が多くの子孫を残す事で、その種族が強くなり生き残ることができるのだろ? 今のままでは、何(いず)れ人間は滅ぶのではないか?」

「馬鹿なことを言うな、この世界には原初の人間がいて、人間が繁栄するようになっているんだろ!」

「それはあくまでも、他の原初を撃退できる実力があっての話だろう。そうじゃないのか?」

「そんな話はもういい、とにかくここにいるオードリーだけが俺の妻だ、ちゃんとあいさつしろ!」

「ちぇ! 俺は白虎だ」

(白虎! 主人の奥様にその言い方は何だ!)

(ゴメンナサイ、ごめんなさい、御免なさい!)

「主の従魔の白虎と言います、よろしくお願い」

「オードリー? 大丈夫かい?」

「え、あ、はい、でも、あの、このモンスターは、まさか、あの、聖獣ではないですよね?」

「あん? 俺はまぎれもない聖獣だぞ!」

「そんな、いくらミノル様でも、伝説の聖獣を従魔にされてるなんて・・・・・」

「まあ驚くのは仕方ないんだろうけど、聖獣だからこそ、実力さえあれば話し合いで色々決められるんだよ。まあ白虎の事は、おいおい納得してくれればいいよ。それでここにいるのが、俺が可愛がっているアグネスだ」

「ふん! そいつは嫌いミャ! あっち行けみゃ!」

「おいおいおい、アグネス、そんな事言っちゃだめだよ。これからみんなで仲良く暮らすんだよ」

「そいつ嫌いミャ! 主と一緒に寝るのはアグネスみゃ! そいつは邪魔ミャ!」

「そっか、アグネスちゃんもミノル様が大好きなのね」

「主はアグネスと一緒に寝ていたミャ! お前のせいで一緒に寝てくれなくなったみゃ! 全部お前のせいミャ!」

(これは恋の鞘当てと言うべきかな?)

(妙なチャチャは入れないでくれ、それでなくても頭痛いんだから)

(主はモテるな)

(白虎は黙っていろ!)

(ゴメンナサイ、ごめんなさい、御免なさい!)

(白虎のチャチャは横に置いておくにしても、どうするつもりだミノル?)

(どうもこうもないよ、獣形態のアグネスを妻にする気にはならないよ。それにアグネスは、俺にとったら子供のようなものだよ)

(はっきりそう言ってやればよかろう)

(そうだな、それがいいな)

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く