話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第194話願い

ビラン近郊の正規キャンプ地

「お~い、訓練を止めて集まってくれ」

「何でしょうかミノル様」

「ちょっと聞いておきたいんだが、このまま訓練して強い冒険者となるのと、土地を手に入れて開拓民になるのと、どっちがいい?」

「それは強い冒険者です! 強い力がなければ、土地をもらっても悪い奴らに踏みにじられるだけです!」

「そうか、ディルクは冒険者を望むんだな。他の子たちも同じなのか? 開拓民よりも冒険者がいいんだね?」

「「「「「はい!」」」」」

「僕も強い冒険者になりたいです」

「そうよ、強くなって毎日お腹一杯美味しい物を食べるわ」

「そうだぞ、俺も毎日美味し物をお腹一杯食べたいぞ」

みんなが口々に冒険者になりたがるなかで、1人の女の子が迷っているようだった。だが周りの雰囲気に圧倒されているのか、自分の意見を言えないようだ。

「きみ、みんなに遠慮(えんりょ)する事はないんだよ、自分の気持ちを正直に言うんだ」

「あの、その、でも」

「カルラ、開拓民になっても姉ちゃんを取り返せないぞ!」

「だって、でも、わたし」

「兄妹でがんばって、姉ちゃんを取り返すんだよ」

「でもベンノにいちゃん・・・・・」

「ベンノ君、君のお姉ちゃんを取り返すとは、どう言う事なんだい?」

「アルマ姉ちゃんは、俺たちのために働きに出たんだ。お金持ちになって、姉ちゃんを取り返すんだ」

ベンノ君は強い決意を持って、冒険者になろうとしているようだ。冒険者になってお金を稼いで、お姉ちゃんを取り返すと言う事だが、くわしい事情を聞いていいものだろうか?

「ミノル様、ベンノとカルラの両親は、街で商売をしていたのですが、運悪く病気になってしまったんです」

ディルクがくわしい事情を知っているようで、事情を説明してくれるようだ。

「両親が働けなくなった上に、多額の薬代がかかってしまい、アルマと言う姉が自分を売って、薬代を手に入れたんです」

「自分を売ると言うのは、奴隷になると言う事か?」

「はい・・・・・」

「だから俺が強くなって、アルマ姉ちゃんを取り返すんだ!」

「そうか、ベンノが強くなるのを手伝ってあげよう。だが強い男なら、妹の望みをかなえてあげるべきだぞ」

「え? そうなの?」

「そうだぞ、だっておじさんは強いから、ベンノの願いを聞いてやっているだろ」

「・・・・うん・・・・」

「カルラ、正直に言ってごらん。おじさんにできることなら、カルラの願いを聞いてあげるよ」

「ほんとう?」

「本当だよ、おじさんは嘘はつかないよ。できる事はかなえてあげるし、できない事は正直にできないと言うよ」

「あのね、カルラね、畑がほしいの」

「何で畑が欲しいんだい」

「やくそうをうえるの、いつでもお薬がつかえるように、畑にやくそうをうえるの」

「薬草は兄ちゃんが冒険者なって、いつでも手に入れてやるよ」

「ずっといっしょにいたいの、おねえちゃんとおにいちゃんと、ずっとずっといっしょにいたいの!」

(さてミノル、これでも領地はいらないと言うのか?)

(必要になっちゃったね、力ずくで奪い取ってでも、領地が必要だね)

ディルク:貧民街の子供達のまとめ役
アルマ :両親と弟妹のため身売りした少女
ベンノ :亡くなった両親のために姉が身売りした男の子
カルラ :亡くなった両親のために姉が身売りした女の子

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く