話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第193話憩い

ビラン近郊秘密キャンプ

「美味しみゃ、もっと焼いて欲しいみゃ」

「そうかそうか、いくらでも焼いてやるからな」

「主、俺にももっとジャイアント・ホワイトホエールのタンステーキを焼いてくれ」

「すぐに焼き上がるから、それまでは作り置きのもつ鍋でも食べていてくれ」

「ちぇ! しかたないな」

「おいミノル、余の分はどうなっているのだ?!」

「白虎が焼いている分を全部食べていいよ」

「おい白虎! さっさと焼くのだ!」

「はい! 少々お待ちください! ですがよろしいのですか? エビフライを食べるのではなかったのですか?」

「エビフライも食べるが、ジャイアント・ホワイトホエールのタンステーキも食べたくなったのだ。いや、赤身肉のステーキともつ焼きも作るのだ、いいな!」

「はい! 今しばらくお待ちください!」

普段は俺に悪態をついてセイに怒られる白虎だが、リュウに睨(にら)まれたら逆らえないようだ。

白虎はああ見えて人をよく見るから、俺やセイが優しいのを知っていて、なれなれしい態度をとるのだ。だがリュウにそんな態度を取れば、問答無用で殺されてしまうと理解しているのだろう。

でもまあそんな事はどうでもいい!

今日はいろいろあって気持ちが荒れているから、アグネスの食事姿を見て癒(いや)されたいのだ!

「アグネス、ジャイアント・レッドベアーのサーロインーステーキも食べるかい?」

「食べるミャ、のどが渇いたから、テールスープも欲しみゃ」

「そうかそうか、作り置きがあるからすぐ出してあげるよ。熱々がいいかい? それとも冷やしてあげようか?」

「冷やして欲しいみゃ、熱いのは苦手ミャ」

「よしよし、冷却魔法をかけて、冷たくしてあげるからね」

「冷たすぎるのも嫌ミャ、人肌くらいがいいみゃ」

「そっかそっか、ちょうどいい温度にしてあげるからね」

「早く欲しいみゃ」

「・・・・・過保護だな・・・・・」

「うるさいな、これくらいの愉(たの)しみがあってもいいだろ」

「それはかまわんが、白虎が羨(うらや)ましそうに見ておるぞ」

「ついでだから白虎の分も冷ましてやるよ、俺はそれほど意地悪じゃないぞ」

「それは知っているが、それよりこれからどうするのだ?」

「何の事だ?」

「辺境伯との停戦条件だ」

「別に何もしないよ、侵攻軍を撃退したんだから、それで十分だよ」

「戦勝の権利を主張しないのか?」

「別にいらないよそんな物」

「だがゾッティ伯爵からは領地を割譲させたらどうだ」

「領地か、必要かな?」

「いずれはビランの城門を開けてやるのだろ、ミノルを信じてついて来た子供たちや冒険者が、安心して暮らせる土地は必要だぞ」

「そうか、考えてみるよ」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く