話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第187話片手間

ローファン王国:ビラン郊外の森の中

(ミノル、家臣がゾッティ伯爵にささやいているぞ)

(何を言っているのか、内容は分かるかい?)

(ミノルの悪口と、警備隊や副ギルドマスターの弁護だな)

(ゾッティ伯爵の出方を見るか?)

(だが反抗的な態度を取ったら、殺すしかなくなるぞ)

(う~ん、人殺しは嫌だけど、やらなきゃならいだろうね)

(まあどうしても殺す必要があるなら、我が代わってやるが、ここはその前に手を差し出してやってはどうだ?)

(手を差し出す? 具体的にどうするんだ?)

(ささやいている家臣と副ギルドマスターに、激痛魔法と自白魔法をかけるんだ。そうすればすべての真実が分かり、市民の間にも真実が広まるから、伯爵も家臣を処罰しやすくなるだろう)

(その可能性もあるだろうけど、逆に俺の魔法で嘘を言わされていると思われないか?)

(その可能性は思い浮かべるだろうが、伯爵にとってはどちらが真実でもいいのだ)

(まあ確かに、俺と家臣のどちらが正しくても、力のある方の言う事を聞かなければ、伯爵自身の命がなくなる可能性があるからな)

(分かっているなら、さっさと魔法を使え)

(めんどうだからセイが魔法使ってくれ、俺は料理教室で忙しい)

(仕方のない奴だな)

(頼むよ)

(やれやれ、我がやるなら激痛魔法からだな)

(セイは残虐だな)

(人間に配慮するのはミノルの同族だからだ、それ以上でもそれ以下でもないから、ミノルと敵対した人間に配慮する事はない)

(じゃあ任せるよ)

「さあ、次は香草の種類と配分を覚えてくれよ。少しでも配分を間違えると、不味くなるからね」

「「「「「はい!」」」」」

「それとね、鮮度はもちろんだけど、1匹1匹肉の味が微妙に違うから、味見をしながら微調整するんだよ」

「「「「「はい!」」」」」

子供たちが真剣な顔をしながら料理に取り組んでくれている。パテにも種類があって、レバーを主原料にした料理や、腎臓を主原料にした物がある。精肉が1番美味しいと言う人もいるだろうけど、命を奪ったのだから、肉の1欠片も血の1滴もむだにせず、美味しく食べる責任がある。

まあこの世界には微生物だけではなく、スライムと言うモンスターもいるから、大きな意味で無駄になると言う事はないのだけど、個人的な感覚として無駄にできないのだ。

(ミノル、見ているか?)

(ああ見てるよ、伯爵が決断したようだな)

(激痛を与える魔法を使えば、自白させるくらいは簡単だ)

(それはそうなんだけど、俺は同じ人間を拷問をする気にはならないんだよ。ありがとなセイ、嫌な事を押し付けて)

(我は人間を殺すのも拷問するのも、別に嫌ではないぞ)

(そうか、そうだな)

(ミノル、さっき言ったいたみたいに、リュウで止めをさせ。リュウが街の上空に現れたら、逆らえる国などないぞ)

(じゃあとっととやるべきことをしますか!)

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く