話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第182話訓練

ローファン王国:ビラン郊外の森の中

「いいかい、ファングラビットはそれほど強い魔獣ではないけど、それでも急所に攻撃を受けたら死んでしまうから、十分気をつけるんだよ」

「「「「「「はい」」」」」

ウェイターやウェイトレスとして働いてもらうつもりだった子供たちだけど、もう働いてもらう食堂はない。ビランの街に戻る気などないから、他の仕事を覚えてもらうしかない。

さっきの話を聞けば、子供たちの大半は冒険者になりたいようだ。だがらここはセイの提案を受け入れて、冒険者の基礎訓練をしてやることにした。

とは言っても、俺にできることなど限られたもので、腕力に見合った武器と防具を創り出してやることと、魔法で支援してやることくらいだ。

彼らのために創り出した槍は、先端は圧縮強化した鋼玉(こうぎょく)を刃としており、柄の部分は森の木を圧縮強化してある。刃先の切れ味は鋭く、柄の部分は丈夫でしなやかで折れにくいものだ。

問題は鋼玉(こうぎょく)が非常に高価なもので、子供たちの実力や獲物と釣合いが取れず、悪い連中に狙われると言う事だ。

まあそれを考えて強力な防御魔法をかけている。子供たちが油断しないように嘘をついているが、実際にはファングラットどころか、ジャイアント・レッドベアーの攻撃も全く受け付けない防御魔法を展開している。

子供たちは必死で弱小魔獣と戦っているが、ドワーフ族などの酒好き冒険者は、俺から焼酎を買うための資金稼ぎに、キャンプ地を出て狩りに勤しんでいる。

アグネスたちと出会わないように、リュウと白虎にはナーポリの秘密キャンプ地に向かってもらった。リュウと白虎には、俺が作った料理の数々を、それこそ1カ月分渡したので、何かあっても大丈夫だと思う。

だがまあなんだ、俺がアグネスに会えない事に耐えられないだろうから、1日1回はリュウに移動を頼む事になるだろう。

「やった! やりましたミノル様!」

「よし、次も同じように、連携に注意して戦うんだぞ。それに気をつけて武器を使わないと、味方を傷つけてしまう事もあれば、自分がケガする事もあるからな」

「はい、気をつけます!」

ディルクは子供たちのリーダーだけあって、上手く他の子に指示を与え、ファングラット的確に追い込んでいる。多勢に無勢と言う事もあるが、槍で壁を作り、ファングラットが逃げられないようにした上で、的確に急所に攻撃をかけている。

(そろそろ暴動が起こりそうだな)

(ビランの街を見ていたのか、セイ)

(ミノルも見ているではないか、俺に隠し事はできんぞ)

(そうか、そうだな、やっぱり気になるんでね)

(さて、これからどうするんだ?)

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く