話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第171話まずは食事から

領主支配下の高級料理店:ミノルとオードリー

「好きな物を頼んでくれていいよ」

「ありがとうございます! ジャイアント・レッドベアーのサーロインステーキをお願いします」

「オードリーは1人前でいいの?」

「あのぉ~、後でタンステーキの頂きたいんですが?」

「いいよ、焼き方はどうする?」

「どちらのもェルダンで食べたいんです」

「分かったよ、君、注文のお願いするよ」

俺の言葉を受けて、近くに控えていたウェーターが素早く近づいてきた。今のビランで、俺の顔と名声を知らない者などいないから、例え領主がオーナーの店であろうと、俺の機嫌を損ねる従業員など1人もいない。

「取りあえず、ジャイアント・レッドベアーのサーロインステーキとタンステーキを、この子と私に1人前づつ持ってきてくれ。追加はその都度注文させてもらうが、飲み物は何があるんだい?」

「正直に申し上げますが、ジャイアント・レッドベアー程の高レベルモンスターのステーキに合わせる御飲み物となりますと、ミノル様の御売りになっている焼酎でないと負けてしまいます」

「そうなのか? だったら焼酎を出してくれ」

「そう出来ましたらいいのですが、この店であっても仕入れられる焼酎の量には限りがりまして」

「ふむ、だがだからと言って、自分の焼酎をここで飲む訳にはいかんだろう?」

「この部屋はVIPルームとなっておりますので、こちらが御用意できなかったお酒を、お客様が持ち込まれるのは仕方がないと言う事になっております」

「なるほどね、ゾッティ伯爵閣下が持ち込まれるお酒は黙認すると言うルールが、元からこの店にはあるんだね?」

「はい、左様でございます」

「だったらグラスだけ用意してくれるかな、俺はオードリーの為にお酒を用意するよ」

「こちらの身勝手な言い分を御聞き届けて頂き、真に感謝いたします」

「なぁに、それくらい容易いことさ」

「ミノル様、何を飲ませていただけるのですか?!」

「そうだね、オードリーは何が飲みたい?」

「正直に言っていいのですか?」

「構わないよ、何でも言ってごらん」

「はなたれ焼酎が飲みたいです!」

(やはりそう言うと思っていたぞ)

(俺もそう言うと思っていたけど、ステーキに焼酎が合うのかな?)

(それは合うのであろうよ、そうでなければ毎晩毎晩白虎も酒を飲まんさ)

(それもそうだな、高レベルモンスターのレベル旨味に焼酒が負けるのなら、白虎も酒ではなく、リュウのようにスープをがぶ飲みするわな)

(リュウがいくら酒を寄越せて言っても、ミノルが金が無いの一言で却下しているではないか)

(そうだな、だからリュウが白虎から酒を奪うようになったんだったな)

(白虎がどれだけ泣きついても、ミノルは助けてやらんしな)

(それはセイも同じじゃないか)

(白虎は図に乗る性格だからな、少々痛い目にあった方がいいのだ)

(俺も少しそう思ったから、酒に関してはリュウの我儘を少しだけ見逃してやっているんだよ。それにリュウも全部取り上げる訳じゃなく、半分寄越せと理性的に言ってるからね)

「あの、気に障られたのでしょうか?」

「違う違う、グラスが来るまでアイテムボックスの中を確認していただけだよ。はいこれ、7年熟成酒粕焼酎と、荒濾過芋焼酎に米焼酎に、ちこり焼酎と黒糖焼酎ね。飲み足らなかったらいくらでも出すから、じゃんじゃん飲んでくれていいよ」

「はい! ありがとうございます!」

オードリーも喜んでくれているが、給仕の為に控えているウェイターとウェイトレスの4人が、それこそ目をむかんばかりに驚いている。

それもそうだろう、この「はなたれ焼酎」は、ドワーフ族だけに卸している特別な酒なのだ。いくら領主が支配下に置いている店でも、ドワーフから酒を奪って仕入れるなど不可能だ!

万が一領主自身がそれをしようとしても、実行したらドワーフ族の反乱を誘発すると、周りが絶対反対するだろう。そして反乱は確実に起こり、鎮圧できたとしてもビランは壊滅的な被害を被るだろう。

いや、反乱鎮圧など出来ないかもしれない!

酒に狂ったドワーフ族は、それこそ狂戦士と言うしかない存在だ。一騎当千のドワーフ族が、狂気にかられて潜在能力全てを発揮するのだ。ドワーフ族以外の冒険者を強制依頼しようとしても、ドワーフ族を恐れる冒険者の動員は難しいだろう。ゾッティ城の兵力だけで、狂戦士化した全ドワーフの攻撃を防げるわけがない。

だからこそ「はなたれ焼酎」は、ドワーフ族だけが飲める幻の酒なのだ!

他のドワーフ族に奪われる事も怖い為、全てのドワーフが、厳格な規制で守られた俺の委託の販売所(ここで争った場合は、はなたれ焼酎の販売を永遠に中止する)でだけ飲む。つまり売られて直ぐにその場で飲み干されてしまうのだ。

そんな「なたれ焼酎」が、1本どころか5本もテーブルの上に並んでいるのだ。価値の分かる人間なら、驚かないはずがないのだ。

「まあ食前酒にしたら酒精が強いけど、このまま飲むかい? それとも水かお湯で割るかい?」

「そのまま飲ませてください!」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く