話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第168話魔虫料理1

ナーポリ近郊の秘密キャンプ地近くの森

「斃さないのか?」

「う~ん、なんか引っかかるんだよね」

「ふん、あんな不味い奴は、さっさと斃してしまうべきなのだ。スライムよりは、奴が食べている魔虫や魔獣の方がよほど美味いのだぞ」

「魔虫は美味いのか?」

「以前ミノルが喰わせてくれた、海老と言う奴と同じ味がする。そうだ! 今日は海老を喰わせろ!」

「馬鹿言うんじゃない! あんな高い料理を、リュウのような大喰らいに食わせるほどの貯金なんてないぞ」

「貯金? 獲物を狩ってくるから、それを売ればよかろう」

「あ! 忘れていた」

「ふむ? 何を忘れてたのだ?」

「ドローン配送でダイオウイカを売りに出していたけど、あれ売れたかどうか確認していなかった」

「やれやれ、もうどうでもよかったのではないのか?」

「ははははは、忘れていただけだよセイ」

「それをどうでもよいと言うのだ」

「まあ、そうかもしれないな。まあ、それはいいじゃないか。とにかく、売れているかどうか見てみるよ」

「その前にスライムを斃してしまえ、そうでないと喰える獲物や売れる獲物が無駄になるぞ!」

「分かったよ、即死系の魔法なら魔力無駄にならないし、料理の材料としての試作にも使えるだろ」

「即死系の魔法があっているのは認めるが、スライムを喰う気はないからな」

「万が一美味しく作れても、リュウには絶対食べさせないからな」

なんか引っかかるんだけど、それが料理の材料なのか、他に理由があるのか分からないんだよね。

「うぬぅぅぅぅぅ、構わんぞ! スライムが美味しくなるなど絶対に有り得ん!」

「そうだよな、なんか引っかかるんだけど、美味しくなりそうな気はしないよな。でもまあね、殺生する以上は、出来るだけ活用しないといけないよな」

「ふん、その辺は好きにするがよかろう」

「メガ・デス!」

俺が千頭規模の死魔法を唱えると、屑野菜に集まった魔虫や魔獣にスライムを加えた一団が、死屍累々の状況となった。どうしても食べたい訳では無いのだけど、美味しくなるかどうかくらいは試してみよう。

俺は格段にレベルアップしたリサーチ魔法を使い、殺した魔虫や魔獣にスライムが美味しいかどうか調べてみた。そうしたら、魔虫は4つの味群に大別できることが分かった。

1:小エビなどの甲殻類系味
2:ナッツなどの豆系味
3:甘味のあるクリーミー系味
4:その他独特な味系

今回はまずエビ・カニに似た1の魔虫を、さらに詳しくリサーチ魔法で調べてみた。

1:甘めかつ薄味のエビ・カニ群(ミミズ系)
2:薄味のエビ・カニ食感(ゴキブリ系)
3:雑味のあるエビ味(鈍いゴキブリ系)
4:雑味のあるカニ味(コオロギ系)

1:素揚げでエビのポップコーン風味
2:チリソースで炒めたりピザの具材でエビ・カニ食感のプレーン風味
3:素揚げで苦味のあるエビ
4:煮ると出汁もとれる苦味のあるカニ味

リサーチ魔法が、俺の指示次第で随分使える魔法になっている!

甲殻類系味に分類されたミミズ系の魔虫を、この場で素揚にして少し塩を振って試食してみた。

「美味い! リサーチ魔法通り小海老の唐揚に近いな」

「本当か主? ちょっと食べさせてくれ」

「いいぞ、どうだ?」

「本当だ! 以前主が食べさせてくれた小海老の唐揚に近い!」

「食べたいミャ、直ぐに食べたいミャ」

「よしよし、ジャイアント・ホワイトホエールの脂で揚げてやるからな」

俺は旨味とレベル差による美味しさを加える為、日本のサラダ油ではなく、ラードやヘッドと同じように、ジャイアント・ホワイトホエール油で揚げてみることにした。

「待てないみゃ、今ある分だけでも食べたいミャ」

「よしよし、じゃあこれを食べてみなさい」

「美味しいみゃ! ジャイアント・ホワイトホエールの方が美味しいけど、これは初めて食べる味ミャ!」

「そうかそうか、それはよかった。今度この世界にいるエビやカニを捕まえて料理してあげるからね」

「早く食べたいミャ、明日食べたいミャ」

「そうかそうか、明日は無理かもしれないけれど、出来るだけ早く捕まえてあげるからね」

「早くミャ!」

「うぬぅぅぅぅぅ」

リュウの唸り声は無視!

「余にも喰わせるのだ!」

「俺の料理にケチをつける奴に喰わせる料理は無いね!」

「余はミノルの料理にケチをつけた訳では無い! あくまでスライムが食べるに値しないと言っただけだ!」

「だが俺が試作してみると言ったなら、いつも俺の料理を食べているのなら、試食に付き合う義務があるだろう」

「うぬぅぅぅぅぅ」

「どうなんだ、魔虫料理を食べてスライム料理も食べるのか? それともスライム料理を食べないから、今後二度と俺の料理を食べないようにするのか、はっきりこの場で約束するんだ」

「なんだ? その今後二度とミノルの料理を食べないと言う無理無体は!」

「四の五のうるさいぞ! どっちにするんだ?」

「喰えばいいのだろう、喰えば! 余直々にスライム料理の試食に付き合ってやる」

「最初から素直にそう言えばいいんだよ、さあ、喰ってみろ」

「うぉぉぉぉ! 美味いぞ、以前食べた日本とやらの海老料理も美味しかったが、この料理はそれ以上の美味しさだ!」

「本当に美味しいぞ主、これを食べたらさっきの素揚げはもう喰えんぞ」

「ほんとうミャ、さっきよりも美味しいみゃ、次からはこれだけ食べたいミャ」

「そうかそうか、やっぱり日本のサラダ油も美味しいけど、レベルの高いジャイアント・ホワイトホエールの脂を使う方が、格段に美味しくなるんだな。次はちょっと大人の味にして、辛い料理にして見るな。リュウ、セイ、白虎、俺の真似して料理してみてくれ」

「うぬぅぅぅぅぅ、仕方あるまい」

「任せておけ」

「え~、食べるのに専念させてくれよ、主」

「白虎!」

「ゴメンナサイ、ごめんなさい、御免なさい!」

セイと白虎は、何時もの突っ込みをやらないと落ち着かないのかね?

「虫のチリソース炒め」
1:薄味のエビ・カニ食感(ゴキブリ系)虫:適量
2:塩  :適量
3:片栗粉:適量
4:料理酒:適量
5:チリソース:適量

1:薄味のエビ・カニ食感に分類された虫群を茹でる
2:茹でた後で片栗粉・塩・酒を入れて1と和える
3:焦げる直前まで揚げる
4:チリソースと軽く炒めて完成

この世界の素材でチリソースも完成させなければならないな。

「これは美味しいかな?」

「美味しいみゃ! ちょっと辛いけど美味しみゃ!」

「主! 俺にはこの辛さが丁度いい刺激だ!」

「美味いぞ美味い! 余にはもっともっと辛くしてくれ!」

リュウがもっと辛くしてくれと言ったので、雑味のあるエビ味(鈍いゴキブリ系)でも大丈夫と判断し、ジャイアント・ホワイトホエール脂で素揚げにして、ハバネロソースやジョロキアソース、他にもタバスコソースやニンニク七味を組み合わせて振りかけてあげた。

アグネスには辛すぎるので、素揚げしてマヨネーズやタルタルソースを用意してあげたが、リュウや白虎も欲しがってしまった。仕方がないので、以前買い置きしていた調味料類を、全部アイテムボックスから取り出して自由に使わせた。

最後に雑味のあるカニ味(コオロギ系)を塩茹でにしようかと思ったのだが、1度ジャイアント・ホワイトホエール脂とのコラボを食べたら、ただの塩茹ででは絶対満足しないと判断し、全部唐揚や素揚げにして食べてもらうことにした。

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く