話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第131話朝市1

ナーポリ冒険者ギルド:受付

「悪いがこの街で魚介類を買える場所を教えてくれるか」

「魚介類ですか? 食事をする場所ではなく、素材を買われるのですか?」

「いや違う違う、食料としての魚介類が欲しいんだよ」

「え? 食料ですか?」

「そうそう、俺はアイテムボックスがあるからね。旅や狩りの途中でも食事には手を抜かないんだよ」

「へぇ~、ミノルさんはグルメなんですか?」

「グルメとは言えないけど、食いしん坊ではあるね」

「そうなんですか、でしたら港の朝市がいいんですが、今頃だともうほとんど売りきれているかもしれません。ただ逆に売れ残りを安く売っている場合もありますので、欲しい物はないかもしれませんが、安く買えるチャンスでもあります」

「そうか、だったら朝市とやらに行ってみるよ。だけどこの街に来たばかりで、どこに何があるのかサッパリ分からないから、地図からあったら売って欲しいんだが」

「すみません、街の地図は軍事機密にもなりますので、冒険者ギルドが公式に販売する訳にはいかないんです」

「そうか、それは仕方がないね」

「俺が案内させてもらいますよ」

「ヴィゴールさんでしたね、いいんですか?」

(暇な奴だな、さっき散々受付主任に文句言っていた癖に、まだギルドにいるとは)

(おいおいおい、それは可哀想だぞセイ)

「へへへへへ、大銀貨を1枚下さるなら、街の隅から隅まで案内させていただきますよ」

(卑屈な奴だな)

(本当に可哀想だぞ、普通K級を名乗る相手の模擬戦に、D級の冒険者が選ばれたら文句の1つも言いたくなるだろう)

(ふむ、そうかもしれんな)

(それにあんな負け方をしたんだ、実力差に敬意を払って下手に出るのもおかしことじゃないよ)

(ふむ、人間界ではそうなのかもしれんな)

「それでいいよ、1日大銀貨1枚で街の案内を頼む」

「そうでなくっちゃ、K級の冒険者はさすがに気風(きっぷ)が好いねぇ~! おまけに昼食を奢ってくれたら嬉しんだけどなぁ~」

(調子のいい奴だ)

(そうだな、だが嫌いじゃあないよ)

「いいぞ、オークが売れたから懐は温かいしな」

「すごいねぇ~! ソロの冒険者がいきなりオークを300体売りたいなんて、今まで見た事も聞いた事無いですよ」

「褒めてくれてありがとう、だが時間が惜しいんで、そろそろ案内を頼むよ」

「任せて下さい!」





ナーポリ港:朝市

「ミノルさん、ここがナーポリ名物の朝市でさぁ!」

「思っていた以上に広いんだね」

「そうなんですよ、ナーポリは港の整備に力を入れていますからね、大型の漁船が集まるんで、自然と水揚げされる魚の種類も量も増えていって、最近じゃ近隣の街の中でもピカ1なんですよ」

「だが店じまいを始めている露店も多いし、急いで買い物をする事にしよう」

「任せて下さい! キッチリと値切らせてもらいます」

「ああ頼んだよ」

(ミノルは値切りが苦手なのか?)

(ああ、河内の人間ではあるんだが、そもそも本当に必要なものしか買わないし、気が弱いから値切れないんだよ)

(ほう、今までは値切らずに定価で買っていたのか?)

(日用品や消耗品はね)

(値の張るものはどうしていたんだ?)

(友達の値切り上手に頼んでいたよ、特に若い頃は友達とつるんで遊んでいたからね)

(なるほどな)

「なあ親父、もう今日は店じまいするだろ? だったらここに残っている奴全部買うからよ、大銀貨1枚にまけろよ」

「おいおいおい、これの元値がいくらだと思っているんだよ、どんだけまけても大銀貨1枚と小銀貨3枚だね」

「いいのか親父、あちらの露店の親父がこっちを伺っているぞ、何ならあっちに行って買ってもいいんだぞ?」

「う! だがさすがに大銀貨1枚ぽっきりと言う訳にはいかん、小銀貨の2枚はつけてもらわんと、こっちも生活がかかってるんだ」

「おいおいおい、この後でこれらが売れると思っているのか? 全部売れ残ったらそれこそ丸損だぞ? それでもいいのか?」

「ちぃ! 仕方ないな、大銀貨1枚と小銀貨1枚なら売ろう」

「仕方ないな、大銀貨1枚と小銀貨5枚で買おうじゃないか、それでどうですか? ミノルさん」

「それで構わないよ」

「おいおいおい、俺は大銀貨1枚と小銀貨1枚と言ったんだ」

「まぁまぁまぁ」

(頃合いだな)

(そうだな、セイ)

俺が財布から、オークを売り払って手に入れた大銀貨1枚と大銅貨7枚を取り出した」

「お? ミノルさんが色をつけて大銅貨7枚をくださった、これで手を打っておけよ親父」

「仕方ないな、ミノルさんとやらの顔を立ててこれでいいよ」

「さすがだねぇ~、港町の露天商はこうでなくちゃいけねぇ!」

「御世辞を言っても、もうなにも出ないぞ」

「いやいや、お世辞なんかじゃないよ、親父は何時も気風がいいからね。さあ、ミノルさん、サクサクと次に行きましょう」

「おう、行こうか」

俺は露天商の親父から、残り物を全部手に入れてアイテムボックスにしまった。そしてヴィゴールの後をついて次の店に行ったが、ヴィゴールの値引きは巧みで、露天商の親父をおだてて褒めちぎり、いい気分にさせて安く商品を手に入れていた。

ヴィゴールには人を見る眼があるのか、それとも長年値切って生きてきたのか、値切り交渉に応じない店主の露店には近づきもしなかった。もしかしたら、過去に何か悪さをして近づけないのかもしれないが。

「アンドレアの親父さん、残り物全部売ってくれ」

「ヴィゴールか、俺は小銅貨1枚だって安くせんぞ!」

「構わないよ、全部定価で売ってくれよ」

(ほう、ここでは定価で買うのか?)

(あれほど熱心に値切っていたのに、最後の最後で定価で買うと言う事は、何かあるようだな)

「あん、全部買うだと? 俺のやり方を知ってそれを言うか?!」

「もちろんですよ、ミノルさんがこの街に来て初めての買い物ですから、アンドレアの親父さんの代わりに漢気を見せてくれますよ」

「ほう、その後ろの御仁が漢気を見せてくれるのか?」

「ミノルさん、このアンドレアの親父さんは値引きに一切応じない人なんですが、その代わり売れ残った魚を孤児たち配っているんですよ。だから奇特な連中は、親父さんから魚を買うんですよ」

「その奇特な人間の1人がヴィゴールだと言う事か?」

「いやぁ~そうじゃないんですよ、地下道で暮らしている時に、よく親父さんに魚を恵んでもらったんですよ」

「ほう、ヴィゴールは孤児だったのか?」

「そうなんですよ」

「だったらヴィゴール、俺の魚が全部売れてしまったら、孤児が今日飯を喰えなくなるのを分かっていて、それでも漢気を出して定価で買ってくれるんだな」

「ミノルさん、売れ残りを何でもかんでも買い漁ってますんで、イワシやアジの小さい奴も沢山混じってますんで、そんな料理の面倒な小魚を孤児に恵んでやってもらえませんかね?」

「ああいいぞ、だが選別するのは面倒だから、ヴィゴールが適当に選んでくれ」

「偉い! 冒険者はそうでなくっちゃいけねぇ!」

「アンドレアの親父さん、買って来た魚を一旦出すから売り台を貸してもらえるかな」

「ああ構わんよ、だがまずうちの魚を買い取ってもらおうか」

「おおいいよ、いくらだい」

「大銀貨1枚と小銀貨4枚に大銅貨7枚だ」

「これでいいか?」

「ああ、ありがとよ」

(ふむ、御調子者かと思っていたが、1本筋の通った漢だったのだな)

(ああそうだな、俺も正直見直したよ)

「ほいほいほい、これは小さいこれは少し痛んでる、親父さんも選別してくれよ」

「俺が勝手にやる訳にはいかんだろう」

「構いませんよ、小さくて料理し難い魚は孤児にやって下さい。天日干しして保存が利くなら、小さい魚全部を孤児にやっても構いませんよ。ああ、俺のアイテムボックスの容量は大きいんで、日持ちがしないなら保存しておいて、明日孤児にあげてもいいですよ」

「さすがだねぇ~、ミノルさんは気風がいいねぇ~」

「そうか、日干しする分も分けてくれるのなら、俺も気合入れて選別させてもらおう」

「ああそれと親父さん、明日も来させてもらいたいんだが、魚を指定して仕入れてももらう事は出来るか?」

「明日も来てくれるのか? だったら何でも言ってくれ、水揚げされている魚なら何でも仕入れて来て見せる」

「そうか、だったらタコ・エビ・カニの仲間は全部仕入れて欲しい」

「分かったが、どれ位仕入れればいいんだ?」

「あるだけで構わないのだが、そう言われても信用できないだろうな?」

「当たり前だろ、ナーポリの水揚げ量がどれだけあると思っているんだ!」

「取りあえずこの金で仕入れられるだけ仕入れてくれ」

「あん? な! 小金貨30枚分だと?! 露天商の仕入れ額がどれくらいだと思っているんだ?! 小金貨2枚もあればお釣りが来るんだよ!」

「だがカニやエビは高いんだろ」

「確かに少々値は張るが、それでも露天商1人が持ち運べる量には限りがあるんだよ」

「まぁまぁまぁ、そう怒りなさんなアンドレアの親父さん、まずはミノルさんの話を全部聞かせてもらいましょうや」

「さっき言ったタコ・エビ・カニの他にも、アンコウやタラ、タチウオやアナゴ、サヨリにサワラなんかも欲しいんですよ」

「ミノルさんよ、旬は分かっているのか?」

「いや、残念ながらこの街に来るのは初めてなんだ、今日は無差別に余っている魚を買い漁ってしまったけど、出来れば旬の魚介類を買い集めて欲しい」

「それは、旬外れで値段ばかり高い、珍しいだけの魚は仕入れ無くていいと言う事だな」

「ああ、旬の美味しい魚介類だけを仕入れてくれ」

「だったらヴィゴールが仕入れた魚を運んでくれるとしても、預かるのは小金貨10枚で十分だ」

「ちぇ、しかたないなぁ~、ミノルさん、明日も小銀貨1枚で案内させてもらえますか?」

「ああいいぞ、親父さんいは前金としてこれを渡しておくよ」

(なかなか漢気とやらがある親父のようだな)

(そうだね、俺と話をするときを視線を外さず、真剣に目を見て話してくれるし、信頼出来る相手のようだね)

(この街に来て、いい出会いがあったようだな)

(そうだね、俺もそう思うよ)

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く