話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第95話玉子尽くし

「ミノル、街に行かないのか?」

「明日でいいよ、先ずは朝飯を食べよう」

「やったね!」

「ミャミャミャウ」

リュウにアムラ王国・テトラ街まで送ってもらい、前回と同じ安全なキャンプ地で一息ついた。まあ今日くらいはのんびり過ごしたいので、先ずは食べ損ねた朝食の準備をする事にした。

「卵主体だから、物足らなかったら自分で作れよ」

「分かった主、でも卵料理も沢山作ってくれ」

俺も風魔法の力加減には慣れてきたから、両手で作る以外に幾つもの料理を同時に作れるようになって来た。セイとディオだから無尽蔵の魔力があるので、こんな贅沢な魔力の使い方が出来る。

ただ流石に細やかな料理は失敗する可能性があるので、出汁巻き玉子は両手で作り、スクランブルエッグ・ポーチドエッグ・フライドエッグ・ゆで卵・目玉焼きは風魔法を使って作ることにした。

そうそう、目玉焼きにも3つの種類が有って、片目面焼き・両面焼き・蓋して蒸し焼きが有る。個人的な好みを言わせてもらうと、蓋して蒸し焼きなんだが、更に細かく言わせてもらえれば、黄身の表面が白くなるものの半熟で止めると言う、微妙な火加減と時間調節が必要な焼き方が好きだ。

出汁巻き玉子を焼きながら、風魔法でそこまで細やかに注意を払う事は出来ないので、失敗した分は白虎に食べさせればいい。余ればアイテムボックスに収納しておけばいいし、明日見習達に振る舞ってやることも出来る。養鶏の行われていないこの世界では、卵はビックリするくらい高価な物だから、多少の失敗作でも喜んでくれるだろう。

「ミャミャミャミャウ!」

「美味いぞ主!」

アグネスと白虎が、美味しそうにパクパクと出汁巻き玉子を食べてくれている。今回は思いつかなかったが、明日はふわふわの食パンを取り寄せてサンドイッチを作ってあげよう。こっちのパンは、日本のフランスパンのように硬いから、俺のふわふわ出汁巻き玉子には合わない。こっちのパンには、ゆで卵を潰してマヨネーズと和えたもの方が相性がいいだろう。それにキュウリやレタス、ハムやベーコンを挟んだら、とても美味しいサンドイッチになるだろう。そうだな、オイルサーディンも試してみたい。

「ミャウ!」

「おう!」

さりげなく白虎が、ローストオークをアグネスの方に風魔法で送てる、アグネスが美味しそうに食べだした!

糞!

肉類も出すべきだったか?

俺も急いで作り置きの肉料理を出そうかと迷ったが、ここは素直に負けを認めて、昼食以降に巻き返しを図ることにした。今から肉料理を出したところで、満腹近くなっているアグネスに感謝され難いだろうし、負けを認めてこそ成長に繋がると言うものだ。

俺は自分が作った卵料理尽くしを愉しむことにした。

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く