話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第74話交渉2

「分かった、ミノル殿の願いは聞き届けよう」

さて、ギルドマスターに直接交渉を申し込んだのだが、その場にいたギルド職員とギルドメンバーがゾロゾロとついてきた。彼らの危機感は俺が想像していた程度では無く、命にかかわる一大事と感じていたようだ。

だがそれも当然かも知れない、俺が見習達を率いて狩った魔獣の種類と数は、この街のギルドメンバーを総動員してやっと狩れるかどうかの数だそうだ。トップクラスのパーティーなら簡単だろうと思っていたが、魔力切れを起こす前に撤退する必要があり、それほどの数は狩れないそうだ。

まして危機感を抱いた解体長が、俺が単独で10m20トン級のノーマル・ジャイアント・レッドベアーを狩る事が出来る。しかもその獲物を、アイテムボックスに収容し続けることが出来る魔力量だと、情報を流したそうだ。

狩った獲物とアイテムボックスの容量が分かれば、冒険者ギルドの職員やメンバーなら、大体の実力は推測できる。推測した結果、絶対に敵に回しちゃいけないと思ったらしい。彼らはギルドマスターを殺してでも、俺との敵対は避けると決意しているようだ。

この状況で俺の願いを拒否するほどギルドマスターも馬鹿では無く、あっさりと解体出来ていない獲物を見習達に渡すと約束した。もっとも俺が約束通りに戻れば何の問題もないし、1カ月以上は冷蔵室の食材で喰いつなぐ事が出来る。

それに急激にレベルが上がった見習達なら、街の周囲を我が物顔で飛びまわっている鳥を狩るのは簡単だ。俺の留守に見習達が無茶しないように、獣や魔獣を狩る事は禁止して、鳥だけを狩るように指示した。

純粋に訓練としても、飛びまわることが出来る鳥を弓や刀剣で狩るのはとても難しい。的確な状況判断をして、正確な狙いをつけて素早い攻撃を加える事が出来なければ、武器を使って鳥を狩る事は出来ないのだ。

「それと倉庫に小麦とライ麦を用意しているから、以前約束していた金額で欲しいだけ持っていってくれ」

「そうですか、それは助かります」

ギルドマスターと俺は白々しい会話で締めくくったが、ギルドマスターも敵対するのは不利だと分かっているのだろう。プライドを保つために言葉使いは上からだが、以前約束した事は守ることにしたようだ。



倉庫で代金を支払って小麦などを手に入れた俺は、急いでアグネスの待つ森に向かった。禁断症状とは言わないが、人間の汚い所を見せつけられると、たまらなく可愛いアグネスに会いたくなってしまう。

「なんじゃこりゃ?」

「主、コイツを料理してくれ」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く