話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第49話タブー

さてどう言って誤魔化そうか?

村で言ったように、故国の文化や宗教の問題で、人型モンスターは食べれない事にしようか?

いや駄目だな、オークやコボルトの素材を売ってしまってるから、人型モンスターを狩っている以上、旱魃で食糧難の村がオークやコボルトを食べないなんて通用しない。

(はてさて、どうする心算なんだ?)

「今行きます」

(覚悟が決まったか?)

臨機応変にするよ。




「お世話になります」

「オークロース肉の塩焼きです、どうぞお食べ下さい」

「ありがとうございます。あのう、人目に触れないようにしたいので、部屋に持っていって食べていいですか? 食器は後で持ってきますので。」

(上手い言い訳を考えたな)

黙ってろ!

「ええ、大丈夫ですよ」

「おい! 物欲しそうに見てんじゃねえよ、飯が不味くなる!」

「ごめんなさい」

「ちっ! みんな駆け出しの頃は貧しいんだよ、もうちょっと意地見せて我慢しろや」

なんだ?!

いい大人が子供を立たせて飯抜きにした上に、自分達が食べている姿を見せつけ、事ある毎(ごと)に殴っているのか?

「あれは何なんです?」

「あれですか、どうやらAクラスの新人がヘマして飯抜きになっているようですね」

「食事を与えず、自分たちが食べているところを見せつけて愉しんでいるのですか? ずいぶん性根の腐った冒険者ですね、新人虐(しんじんいじ)めが趣味なんですね」

「あん? なんだジジイ! 喧嘩売ってんのかコラ!?」

「ウェーターさん、見習のAクラス冒険者にパーティーを選ぶ権利はないんですか?」

「いえ、ありますが、どこに行っても似たような待遇です」

「この街のギルドだけがそうなんですか、それともどの街のギルドも新人には惨(むご)いのですか?」

「こらテメー、無視するんじゃネー!」

(ミノル、本気でかかってくるぞ)

「パラライズ」

「うっ」

新人を虐めて憂さ晴らしをするような、低俗な冒険者に俺が遅れを取るはずもなく、殴りかかって来た冒険者はその場で麻痺して昏倒した。ノーラでさえ失禁脱糞するのだ、こんな低級の冒険者が麻痺したら、酒場は悪臭で悲惨な状況だ。

だがここで終わらす心算は毛頭無い!

この糞野郎が新人を虐めるの見て愉しんでいた、同じパーティーの連中も許す訳にはいかない。毒を食らわば皿までではないが、1人脱糞させるのも5人脱糞させるのも同じ事だ。こうなったらこのギルド内での評判を気にしていても仕方がない。

「パラライズ」

「ミノルさん! ちょっとやり過ぎですよ!」

酒場の責任者だろう、バーテンダーのような服装をした男が苦情を言って来た。だがここは強く言っておいた方がいい、ゴーランの件と言い今回の件と言い、このギルドのモラルは俺の良識からは認められない。

「売られた喧嘩は買うよ、それが例えギルド職員でもね」

「私に喧嘩を売られると言う事ですか?」

このバーテンダーは引退した冒険者だろう、今の俺にはある程度相手の強さを感じる事ができが、ノーラより少し弱いくらいだろう。

「売って来たのはギルドメンバーだよ、職員がそれを見過ごすどころか加担すると言うのなら、俺も本気で相手させてもらうよ」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く