話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第44話怨み

「すみません、狩りに特化しているので、治癒魔法はレベルが低く成功する時と失敗する時があるんです」

「そうですか、使えない訳では無いのですね?」

「はい、でもノーマルのキュアやヒールが使えるくらいです」

「レベルが低いとは言っても、治癒魔法が使えるか使えないかで実戦力は大きく違ってきます。まして持ち運びできる物資の量や消耗品の事を考えれば、依頼や冒険の度(たび)に薬を買わずに済むのは大きいです」

「へ? 薬を買うんですか? ここの冒険者は薬を自作しないのですか?」

「なに?! ミノル殿は薬を自作するのですか?」

「行商人すら来ない辺境の村ですから、男は全員狩人としての力を要求されますし、女子供でも薬くらいは自作出来ないと生き残れませんよ」

「ではミノル殿も子供の頃から薬は自作していたのか?」

「まあここで売られている薬と比べて、どっちの方が効果があるかなんかは分かりませんがね」

「ふむ、薬の事は後で確認させてもらいますが、今はノーラにキュアをかけてみてくれださい」

ギルドマスターの視線の先には、未だにパラライズの効果で身動きできないノーラが倒れ伏していた。さっきは膝をついていたが、今は完全に倒れているから、徐々に効果が強くなっているのだろうか?

(ミノルの魔法は、魔法自体のレベルだけでなく、ミノル自体のレベルが高いから効果も高くなるんだよ)

それはマズイんじゃないの?

(デカ以上の広範囲魔法を使った訳では無いから大丈夫であろうよ)

それならいいんだが。

「キュア」

「ノーラ!」

うん?

見学していた別の女冒険者がノーラにマントをかけたな?

ああそうか、パラライズを選んだのはまずかったな!

失禁と脱糞をしてしまっているんだ!

麻痺の状態になると当たり前のことだし、冒険者家業ならそれくらいの事は何度も何度も経験していると思ったけど、公衆の面前である練習場で使うべき魔法ではなかったな。今はノーラの関係者しかいないだろうけど、それでも配慮が足りなかった。

あ~やっぱりだ、ノーラの関係者に恨まれているよ、睨(にら)まないでくれ、そんなに睨(にら)まなくても十分反省してるよ。

「マスター、ノーラは休ませる、次は俺が相手をする」

「ああすまん、そうしてくれ、俺の配慮が足らなかった。ミノル殿、パラライズ以外に狩りで使っていた魔法は有りますか?」

「いや! ノーラの敵討ちだ! パラライズを使ってもらおうか!」

おいおいおい、勘弁してくれよ!

「すまない、辺境の開拓村でこの歳まで男やもめで暮らしてきて、女子供に対する気遣いができないんだ、許して欲しい」

「ちっ! 田舎者だとは言っても、女相手にやっていい事と悪いことは理解して欲しかったね」

「そうです! さっきの魔法は余りに無慈悲に過ぎます!」

あちゃ~、飛び込んで来た盗賊風の女だけでなく、魔術士風の女にまで嫌われちゃってるよ。この悪評は直ぐに街中にに広まるだろうから、この街は早々に出た方がいいな。

「言い訳のしようもない、只々申し訳ない」

「マスター! レイナにレジストをかけてもらうが大丈夫だな!」

「ミノル殿、大丈夫か?」

「ええ大丈夫です、さっさと初めて早く試験を終わらせてください」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く