話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!

克全

第11話トイレから家

(この村のトイレがそんなに嫌なら、丸太塀を乗り越えて野糞(のぐそ)をするもよし、異世界からトイレとやらを取り寄せてもよしだ)

残念だが、ドローンで配達できるのは2kgまでなんだよ。

(それはあくまでミノルの故国でのことであろう、ここでは実現できる魔力さえあればイメージ次第でどうにでもなる)

イメージと言われてもな、ドローンの映像はA社が母国で実験していたピザの配送動画のイメージが強い。そう言えばイスラエル製の500kg搭載ドローンの映像を見たことがあるから、それを思い浮かべれば災害用の仮設トイレくらいなら運べそうだな。街に入った時の事を考えたら、簡易トイレや携帯トイレもドローンで取り寄せておきたいな。

(故国の生活が懐かしいなら、家ごと配送させればいいではないか)

せっかくの異世界の夢なんだから、心ゆくまで楽しむためにも、あまり日本の生活様式を取り入れるのは嫌だしな。

(ならばトイレとやらもこの国のレベルに合わせればよかろう)

そこが俺の身勝手な所なんだよ、楽しみたい所と避けたい所があるんだよ。

(我儘(わがまま)な奴だな、ならば取りあえず配送させておいて、どうしても必要になった時だけ使えばよかろう。とりあえずはトイレだけか、トイレ付きの家を取り寄せればいい)

そうだな、だがドローンで配送させるにはイメージが大切だから、R社の画面で確認出来る商品がよかろう。これからの野営を考えれば、ミニハウスやユニットハウスを購入すればいいかもしれない、とりあえずユニットハウスで検索してみよう。

中古仮設丸出しの事務所は多く出てるけど、トイレがついていて居住性がよさそうな物がない。ここはミニハウスでもう1度検索してみよう。

ミニハウスだとH社の5畳タイプが多いな、しかもトイレがついていない。以前はS社の物が色々あったはずなんだが、R社が不動産部門に分けたのだろうか?

ここはプレハブハウスで再検索してみよう。

よっしゃぁ!

色々出て来た上に、ミニハウスやユニットハウスで検索した時よりレベルの高い家が多い。30畳タイプは広くていいけどトイレがついていないし、切妻屋根(きりつまやね)の6畳タイプもトイレがついていない。ログハウスで検索してみてもトイレがついていないから、無理に家を購入するのを止めて、仮設トイレとテントでも買おうか?

でもテントをいちいち設営するのは面倒だしな。

(ミノルが思い浮かべているテントだが、何もたたまなくても設営したままアイテムボックスに収納すればよかろう)

なるほど!

現実世界のテントを活用した異世界小説ってあったかな?

そうだよな、異世界でも大抵テントや馬車は登場するし、キャンピングカーを持ちだす小説も増えているよな。

ん?

トレーラーハウスが出て来た小説はあったかな?

(ほう! 2階建ての立派な馬車だな)

この世界にも馬車はあるのか?

(馬車が通れるほど整備された道がある国は少ないが、主要都市を結ぶ道路には馬車が走っている。それと起伏の少ない草原の国や荒野・砂漠の国では、馬車やラクダ車が走っている)

だがこれくらい大きく重いトレーラーハウスを牽(ひ)ける牛馬はいないだろう?

(そうでもないぞ、ミノルが思い描いている故国の輓馬より大きな馬がこの世界の馬車馬だ。それに速さを捨てるなら、力持ちの牛や大型のトカゲもいるからな)

馬車を引くトカゲがいるのか?

ドラゴンではないのだな?

(知恵を持ち火を吹く事が出来て初めてドラゴンと呼ばれるのだ、人間以上の知恵を持ち魔法を使えドラゴンブレスがドラゴンの絶対条件だ)

馬車を牽くトカゲは、魔法が使えず火も吹けないのか。

(そうだ、もう色々考えずにそのトレーラーハウスとやらをドローンで配送させればよかろう)

俺はセイに急(せ)かされて、丸太塀の外に出てトレーラーハウスを注文してみた。

「トレーラーハウス」
全長11・0m×全幅3・5m×全高4・1m
本体価格:9450000
水廻りの上部とベッドルームの上の部分がダブルロフトになる
広いロフトスペースが特徴
4口コンロ:1
シャワールーム:1
トイレ:1
洗面:1
クィーンベッド:1
3人掛けソファ:1
シングルソファ:1
4人掛け食卓と椅子:1
ロフトに布団を敷けば12人以上居住可能

本当にトレーラーハウスは運ばれてくるか少し不安だったけど、本当にイスラエル開発のドローンが運んで来てくれた。現実のイスラエル製ドローンがそれだけの輸送力があるかどうかは分からないが、セイが大丈夫と言ってくれたから、心の奥では異世界なら可能だと思っていたのだろう。

急いでトレーラーハウスの中に入って糞をしてスッキリできた!

そうなると今度は風呂に入りたくなったが、トレーラーハウスにはシャワーしかない。クリーンの魔法があるから、風呂やシャワーが無くても不便はないのだが、元々熱い風呂が大好きな俺には譲れない一線だ!

排便したらまた少し腹が減ったので、ホーンラビット腿肉カレー粉唐揚とニンニク醤油唐揚を3本づつ食べながら、ジャグジーを探してみた。

大型ジャグジーA:3430200
腰掛:8
奥行:7450mm
高さ:1480mm
幅 :2250mm
水量:9296リットル

電気が無いから、魔法で水をためて温めるだけだが、セイの御蔭で御金がたっぷりあるから、少々贅沢(しょうしょうぜいたく)しても大丈夫だ!

「おい、俺にも入らせろ!」

「初老おっさんの異世界漫遊記・どうせ食べるなら美味しいものが喰いたいんだ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く