話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第217話乱戦

『密輸船 船上』

「近禎殿、いったいどうしたのだ? 伝令から聞いただけでは納得できん。」

「乗邑殿、もっともな話だ、実はな、新井の馬鹿が香具師のくまぞう親分に刺客を手配したようだ。」

「それがばれたのか? しかし何故だ? 新井と刺客はあの場で死んでいる、くまぞうが自分から話すはずもない。」

「余も詳しくはわからんのだが・・・・・くまぞうと坊主どもは、門前町で売春宿をやっていたろ。」

「ああ、それは余も知っておる、そちらから足がついたのか? だが寺は近禎殿の支配下であろう?」

「それが余にもわからんのだ、町奉行所の役人にも賄賂を贈っていると聞いていたのだが・・・」

「お~~~~い、岩村乗紀様じゃ~~~、乗船の準備をいたせ。」

「乗紀殿が着かれたようだな、乗邑殿。」

「乗紀殿、よくぞ参られた。」

「伝令を聞いて直ぐに駆け付けた、乗邑殿も御久しい、こんな時でなければよかったのだがな。」

「確かにな、だがこれから海賊として手を携えてやっていかねばな。」

「海賊? ただ逃げるのではなく、海賊になる心算か?」

「おお~~~~~~いい、大給乗真様と奥方様じゃ~~~~~」

「なに? 乗真殿は・・・・・奥方を伴っただと・・・・・どうする近禎殿?」

唐津乗邑と府内近禎の隙をついて、岩村乗紀と田巻は脇差を抜いて突き殺そうとした。
しかし、常に警戒をしていた魔法使いの谷口は、咄嗟に風魔法で田巻を切り裂いた。
主君である唐津乗邑を護ることを優先したのだ。
その結果、府内近禎は腹に深々と刃を受けることになった。

「うぎゃ~~~~~~」

「皆殺しじゃ~~~~」
「者どもかかれ~~~~」
「国王陛下暗殺未遂一味を皆殺しにいたせ~~~~」

岩村乗紀は、全ての罪を3家に押し付け切り抜けようとしたのだ。
香具師と坊主は暗殺する心算だった。
だが、谷口の風魔法が岩村乗紀の体を吹き飛ばした。
初級中の谷口では、人を即死させるほどの風魔法は使えなかった。
魔法を圧縮するアイデアは、大和尊とその弟子しか知らない。


『大給家 小舟団』

「村上、まだ大船に乗れんのか、余は疲れたぞ。」

「村上、私(わたくし)も疲れました。」

「殿様、奥方様、逃げましょう」

「なぜ逃げねばならんのじゃ?」

「船の上で同士討ちが始まったようでございます、巻き込まれては、命が危ううございます、このまま、国元に向かいましょう。」

「村上、この船では疲れる、屋敷に戻りたい。」

「村上、私も屋敷に戻りたい。」

『密輸船 上空』

「その方ども、大人しく縛につけ! 大和尊 推参!」

「大和彩 推参!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く