話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第212話登城

(殿様、常陸大公の説得に成功しました)
彩から念話が届いた。
(こちらも、王都南奉行所の男に自白させた、今は黒幕の襲撃に備えている)
(私は、常陸大公様と土御門筆頭魔導師様と一緒に王城に登城途中です。)
(そうか、国王陛下への御報告は任せる。政治的な駆け引きもあるだろう、無理せず、陛下の裁可に従うんだ。)
(判りました。でも、もし我々や子供達に不利な裁可が下ても従うのですか?)
(逃げる! 蝦夷でも清国でも構わん、逃げれば済むことさ。)
(安心しました。殿様が子供たちを見捨てることはないと思ってました。)
(彩を失望させることはしないよ。)
(はい! 殿様、大手門に着きました、門番と交渉してまいります)
(頼んだよ。)
(はい!)


『王城追手門』

「駄目です! いかに、常陸大公様であろうと、このような夜分に登城はお断りします。」

「えええい、何を申す、陛下へ火急の注進じゃ、通せ!」

「成りません! 押して通ると申されるなら、陛下への異心有りと判じ、取り押さえますぞ!」

「何を! たかが門番の分際で、我を取り押さえるじゃと! 跡部、切って捨てよ!」

「御待ち下さい。」

「彩殿、無礼者を許せと申すか?」

「少し話をさせていただきます。それで、謀反人一味と判明すれば、私が魔法で八つ裂きにしてごらんに入れます。」

「なに! あなたは、大和彩殿!」

「私を見知っているなら話が早い。私が新井との決闘で、国王陛下暗殺未遂事件を防いだのは知っていますね?」

「はい! あの時は、私も観戦させていただいてました!」

「私と夫の尊は、密かに暗殺未遂犯を探っておりましたが、遂に発見したのです。ただ相手は複数の貴族家当主だったのです。しかも一門には、王家士族として城内に隠然たる勢力を持っています。」

「そんな馬鹿な? 王家の士族が加担するなど、あるはずがない!」

「では何故、あの新井が国王陛下暗殺未遂事件を主導のしたのです? 新井に便宜を図ってもらっていた士族は確実にいるのです。まして主犯は王家一門衆です。貴君氏名を申しなさい!もし私たちが内偵した主犯の血族であれば・・・・・」

「あればなんだと申される?」

「問答無用で殺す! いや、これ以上時間稼ぎするようなら、ただ今直ぐに切る!」

彩は、尊と一緒に魔力鍛錬した筋力・神経伝達を発揮! 抜き手も見せず、魔法袋から長巻を取り出し門番の頚に押し付けた。

「さあ、氏名を明らかにしなさい!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く