話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第211話混乱

「山田、唐津家に事の顛末を報告し、清国に逃げるように伝えよ。佐久間、そなたは岩村家に。持田、おまえは大給家に。」

『はは!』
3人は、それぞれ目当ての屋敷方向に駆けていった。

府内近禎と家臣達は、一旦王都上屋敷に戻り運べる財貨を持ち出した。
彼らは、闇奴隷売買に必要不可欠な密輸船を持っていた。
王国には報告していない、秘密の蔵屋敷に小舟が隠してある。
沖合には常に密輸船が1隻は遊弋(ゆうよく)している。

「殿様、他家の方々をいつまでお待ちになるのですか?」

「潮次第だ、後2時間で潮目がよくなる。」

「それがよろしゅうございます、事ここに至っては、殿様の身が一番でございます」


『唐津家王都上屋敷』

「なんだと! 国王陛下暗殺未遂事件に加担しておっただと! 近禎の大馬鹿野郎が! 新井も馬鹿だが、易々と刺客を紹介した近禎が愚かすぎる!」

「殿様、いかがいたしましょう?」

「運べるだけの財宝を持って、近禎に合流する。松田、そなたは手早く運べる財貨を纏めよ。儂は密輸船に乗るため蔵屋敷に参る、近習共は我の共をせよ!」

唐津家でも、独自に秘密の蔵屋敷と密輸船を持っていた。
だが、王都沖合に常駐する船は1船だけ。
残り3船は朝鮮・香港との航路を航海していた。


『岩村家王都上屋敷』

「この謀反人が! この者を切り捨てよ!」

「は!」

岩村乗紀は瞬時に決断した。
闇奴隷売買と密貿易の罪を認めることを。
同時に、3家を裏切り王国に売ることを。
実際、国王陛下暗殺未遂事件は知らなかったし、加担していない。
ここで、府内近禎一味を捕縛するか切り殺してしまえば、助かるかもしれない。
家名断絶は免れないが、命だけは助かる可能性はある。
いや、手柄次第では捨扶持だけを与えられる、士族として家名が残るかもしれない。

家臣は、一刀のもとに府内近禎からの伝令、佐久間を切り殺した。

「者ども、我に続け!」
岩村家王都上屋敷の手勢は、府内家の蔵屋敷に急いだ。


『大給家王都上屋敷』

「村上、いかがいたせばよい?」

「殿様、今直ぐ王都から逃げねばなりません。」

「だが、儂は国王陛下暗殺未遂など関係ないぞ? それでも逃げねばならぬのか?」

「闇奴隷売買と密貿易は関わっておりました」

「それは、そちがやったほうが好いと言ったからではないか? 新井殿が承知と言うことは、王家も黙認しているからと、村上、そちが言ったではないか?」

「殿様、私は献策は致しましたが、承認し決断したのは殿様でございます。」

「そうなのか? 儂の所為なのか? ならばこれからいかにすれば好いのだ?」

「殿様、村上がどこまでも御供させていただきます、どうぞ一緒に来てくださいませ。」

「うむ、好きに計らえ。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く