話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第209話宇陀与力 尋問

「正直に申せ! 国王陛下暗殺未遂に加担したな?」

宇陀与力は、数瞬何を問われたのか理解できないような表情だった、俺は繰り返して問う。

「お主は、国王陛下暗殺未遂に加担したな?」

「・・・・・知らん・・・・・俺は何も知らん!」
宇陀与力は腕の激痛に耐えながら答えた。

恐らく事実だろう。
こんな三下卒族に、国王陛下暗殺の秘事を漏らすはずがない。
だが、ここで罪を擦り付けておかないと、周囲の奉行所手勢が攻めてくる。
俺は長巻の刃を返し、今度は側面で左膝に叩き付けた。
長巻の刃の平面を叩き付け左膝を粉砕させた。
膝蓋骨・大腿骨下部・脛骨と腓骨の上部が粉砕骨折した。
もう二度と、体重を支えることは出来ないだろう。
いや、些細な傷から化膿し、切断しなけらば行けない事態になりかねない。

「うが~~~、ぐぎゃ~~。」

宇陀が倒れ地に転がりのた打ち回っている。

「もう一度問う、国王陛下暗殺未遂に加担したな?」

「がぁ~、ぐぅ~いて~~~痛い・・・痛い・・・いて~~~。」

「答えよ、答えねば右足も砕くぞ!」

宇陀は激烈な痛みで思考が停止しているのか、何を言われたか理解できないようだ。
俺は意識的にゆっくり、再度長巻を構える仕草をした。
宇陀の瞳にゆっくりと知的な反応が浮かぶ。
今が畳みかける好機。

「御前は、国王陛下暗殺未遂犯だな!」

「・・・・違う・・・・俺じゃない・・・・俺はそんな大罪は犯していない。」

俺は長巻をゆっくり男の頚に近づけ、視線で威圧して問う。
「御前は奴隷売買をしたな!」

「・・・・はい・・・はい・・・・やりました。奴隷売買はやりました。でも国王陛下暗殺未遂は知りません。本当に知らないんです、助けてください。」

男は俺の視線にこもる殺気に一瞬痛みを忘れたようだ、俺は更に畳みかけて問う。

「奉行所の誰が共犯だ!」

男は一瞬返事に躊躇した、だが最早答えるしか生き伸びる術が無いと思ったのか。、

「浦辺筆頭与力と年番方与力3人です、ううううう、痛い、うっがぁ~~~、うぃ~~ぐぅ。」

正直に答えて緊張が緩み、痛みを感じる余裕が出てきたのだろう、男は痛みに苦悶しだした、だが少しでも動けば左前腕と左膝から激痛が走るのだ。

「正直に答えたら治してやる」

そう言って、取りあえず魔導書で覚えたばかりの鎮痛魔法をかけてやった。
「他にも共犯がいるだろう、誰だ?」

「風烈廻り昼夜廻り与力の2人、同心の4人です」

「奉行本人は加担しておらんのか!」
俺は嘘偽りが言えないように、殺気を込めて問う。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く