話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第206話包囲

不味いことになったかな?
1時間ほどで、浅花寺勝倉院は町奉行所の兵達に囲まれてしまった。
先程の失敗を繰り返さないように、出入り口全てを圧縮強化土壁で防いでいた。

「町奉行所の者だ、開けろ! 開けないか。ここは包囲されておる、観念せよ、早く開けて投降せよ!」

させどうする?
この町奉行所の手勢は奴隷売買に関与しているのか?
もし、関与していたら抵抗したと偽って俺達の皆殺しを計るだろう。
俺が負ける訳もないが、奉行所の手勢全てを殺せば申し開きが面倒だ。
香具師どもみたいに、半殺しのする手もあるが?

ここまで騒ぎになれば、王都全域に噂が広まるのに時間はかからない。
そうなれば、唐津伯爵以下の密貿易犯たちにも知れる。
奴らはどう動く?

          

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く