話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第205話殴り込み

ミスした、出入り口全てに魔法で土壁を創っておくべきだった。
30人前後のならず者が表戸を打ち破り殴り込んだ来た。
売春茶屋を任されていた若衆だろうか、最早、香具師には見えない。
俺は一気に100以上の風魔法弾を創り出し叩きつけた。
四肢を打ち砕き身動きできなくした。
だが、開いた表戸から中が丸見えだった。
女郎買いに来ていた町衆に見られてしまっていた。
彼らまで叩きのめす訳には行かない、下手をすれば奉行所に注進されてしまう。
そうなれば、黒幕達にも知られてしまう。
彼らの手勢が攻め寄せて来たら大騒動に成ってしまうだろう。

「殿様、こ奴らを縛りましょうか?」

秀子が確認してくる。

「やってくれ。」

一時思考を放棄していた、駄目だ、ちゃんと先を読まないと。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く