話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第203話思案

「府内近禎。」

確か、豊後府内に2万1000石の所領を持つ男爵家だよな。
海を持つし、朝鮮・清・南蛮との密貿易も出来るか。

「他には!」

「唐津乗邑・岩村乗紀・大給乗真です。」

唐津家は本家で6万石の伯爵家だよな。
岩村氏家も同族で3万石の男爵家。
大給家も同族で1万6000石の準男爵家。

見事に同族で固めたな、唐津と岩村は湊も持っていたはず。
新井火石が主導した、海外貿易改革で朝鮮通信使を務めたか?
これで繋がったな、だが、この一族は遠くは王族に繋がるはず。
今では本家だけが、本来子爵の領土ながら格上の伯爵位を賜っていたな。
王国内での影響力や権力はどうだろう?
真っ向から争って勝てるのか。
国王陛下暗殺未遂を隠蔽出来るほどの実力が有るのか。
どうする?

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く