話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第202話尋問

兄貴分らしい男を拷問して自白させた後、俺は大広間に戻った。
反吐が出るような嫌悪感を抑えて、親分・子分ども・士族を順に拷問した。
根性無しの士族僧侶は、親分の拷問を見ただけで自白した。

こいつらの話を総合すると、王都城下だけで数十の縄張りがある。
その全てが大なり小なり奴隷売買に係わっている。
特に力のある親分は、貴族と繋がり密貿易にも係わっている。
貴族が欲しているのは、魔力を持つ者と女。
自国の隠し戦力となる魔力持ちと、異国で高値が付く女。
だが、貴族家も馬鹿じゃない、いくつもの中継を介している。
親分も貴族家であろうと推測出来るだけで証拠はないようだ。
だが、少なくとも寺奉行の1人が奴隷売買に係わっているのは確かだ。
寺奉行は準男爵、一応貴族だ此奴を拷問すれば芋づる式で辿れるか?

「寺奉行の名は?」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く