話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第197話思案

多くの坊主を拷問し尋問した。
彼らの自白によれば、宗教省の寺奉行と組んでの悪行らしい。
寺奉行が本当の黒幕の確証は無いが、接触している最上位は奉行らしい。
実行犯は香具師の親分以下のならず者達。
坊主達は安全な場所、寺を提供している。
門前町は無許可の売春宿を香具師が仕切っている。
布衣・素襖は宗教省の役人のようだ、どうする?

「彩、ここで籠城するか?」

「屋敷に移動する手は問題が有るのですか?」

「手勢が少なすぎるし、この人数の被害者太刀を安全委移動させるのは無理だ。」

「でもここは寺奉行、いえ、宗教省の支配圏では?」

そうなのだ、ここは敵地なのだ、どこの手勢なら俺に助勢してくれる?

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く