話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第194話打撃

飛び込んだ俺が目にしたのは。

もしかした、僧侶は無理やり手伝わされているだけかと思ったが。
無理やりどころか、子供から取り上げた銭を手に取りニヤニヤしている坊主ども。
問答無用で打ち殺したいのを必死で我慢した。
俺は事前に打ち合わせてたように、彩と二人魔法の乱撃を喰らわせた。
秀子達は槍を手に不意打ちに備えてくれている。
魔法の乱撃は打撃のみにしてある。
鋭角な魔力塊にはせず、平面の魔力を両膝に打ち込んだ。
闇奴隷売買の罪人達には自白証言させねばならない。
新参士族である俺が寺社を襲撃し、僧侶を惨殺したら、俺が犯罪者に落ちる。
いや犯罪者に仕立て上げて、自分達の闇奴隷売買関与を糊塗(こと)しようとする権力者が現れる。
だが、拷問したうえであろうが奴隷売買を自白させれば、どうにかなる。

俺は寺院の奥に進み、大広間に飛び込んだ。
そこで、下劣な光景を目にしてしまう。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く