話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第192話忠誠

「殿様、何故でございます!」

「左様でございます、何故取り消しなのでございます!」

「俺と奥は闇の奴隷売買に係わっていた貴族士族を許せん、いや、見て見ぬふりをしていた者も許せん。」

『御意!』

「命懸で戦うが、王国でも重職に就いている者共だろう。」

『・・・・・・』

「勝てるとは限らん。」

『・・・・・・』

「家臣となっておれば、そなた等にも、いや家族にも害が及ばぬとも限らん。」

「殿、情けのうございます。」

「ふむ。」

「運無く、士族卒族位を持てなかったとはいえ、誇り高く生きて参りました。」

「うむ。」

「殿より勿体無くも陪臣士族の地位を頂きました。」

「うむ!」

「ここで士族の誇りにかけて忠義を示さねば、老父母、幼弟妹に合わせる顔がございません。」
「殿様、その通りです。」
「殿様、弱き子供らを助けずして、何の士族でございましょう。」
「殿様、我ら一同士族の誇りにかけて御前で働きとうございます。」
「殿様、この子供達と人質の者達を助けましょう。」
「大和の家名を、王都に轟かせましょう。」
「大和家の誇りにかけて、香具師どもを殲滅いたしましょう。」
家臣となった者達が夫々忠誠を示した。

「あいわかった、時が無い、今直ぐ香具師の拠点に攻め入るぞ。」

『お~~~~。』

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く