話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第188話やり過ぎ

気付いた時には遊び人を半殺しにしていた。
我を忘れてしまった。
殺してしまわなくてよかった。
だが死なないまでも、遊び人は顎を粉々に砕かれ、顔の下半分が血袋のようだ。

「そこの商人よ、財布はこれか?」

俺は、一番年嵩の子供の懐を素早く探り、財布を取り出した。

「あ! この野郎、返せ、返しやがれ!」
子供が取り上げられた財布を再度取り返そうと暴れている。

「そうです、私の財布です、この子に掏られたのです。」

「そうか、では奉行所に行って手続きをしよう、それまでは預かる。」

「そんな、士族さま、私は商いで時間がないのです。」

俺は素早く子供を捕まえ動けなくした。
新しく雇う予定の弓使いは、皆出来が好い。
目配せ一つで、子供たちが逃げれないように囲い込んでいる。

「財布さえ返して頂けたら、子供達を訴えようとは思っていません。」
俺が、子供に手をかけた遊び人をぶちのめしたので、恐れているのだろう。

「子供達を助ける手伝いをしてほしい。」

「そんな、商いが有るんです。」

「手伝ってくれたら、当家の出入り商人にしてやろう。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く