話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第177話追物射(おうものい)

「次の会場に移動しようか。」

「はい、殿様。」

「ここは何を競うのですか?」

「生きた獣を騎射で競う場所だよ。」

「犬追物(いぬおうもの)の変形ですか?」

「うん、犬追物は60m四方の馬場に、12騎1組を3組入れて、犬を殺さないような音が鳴る鏑矢(かぶらや)を使って競うものなんだけど、今回は実戦用の殺傷力の有る矢を使って、犬だけじゃなく猪・鹿・牛も放してある。」

「観客は盛り上がっていますね。」

「見世物としては面白いしね。」

「私達は最初から見なくてよかったのですか?」

「見たかったんだけど、全会場を同時には見れないし、俺達のいない時間は練習扱いにして貰っているよ。」

「そうなのですね。ところで、この会場の屋台は肉料理を商っているのですね。」

「うん、殺傷した獣は食べて供養してあげないとね。」

「はい、でも美味しそうに食べていますね。」

「見世物に興奮して味も引き立っているんだろうね。」

「士族卒族も出店してるのでしょうか?」

「あの店はそうだろうね、手際が悪い。」

「生活費の足しになればいいのですが。」

「を! あの女武者は際立っているな。」

「はい! 殿様。手早い速射なのに威力も有って1射で牛を射殺しました。」

「あの女武者は採用で好いね?」

「はい、殿様。」

「そこの女武者よ、貴君は採用だ!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く