話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第175話笠懸(かさがけ)

「この競技も実戦的に変えているのですね?」

「うん、通常より遠くに的を置かせてるんだ。」

「これも流鏑馬ですか?」

「う~~ん、どちらかというと遠笠懸(とうかさがけ)かな。」

「でも、略装ではないのですね?」

「実戦的な狩りの試験だからね、鎧着用にしてもらった。」

「的は100m位の遠さですね。」

「うん、魔獣や魔竜相手なら、これくらいは遠射出来ないとね。」

「笠懸は100mの馬道で的1つでしたよね?」

「うん、今回は400mの馬道で的が左右6つ、さっきの流鏑馬と同じだよ。」

「難しすぎませんか?」

「今回これで落選したら、皆鍛錬するだろ。」

「尚武の風潮を望まれてのことでしたか。」

「強者(つわもの)の家臣が欲しいからね。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く