話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第166話常陸大公家18

俺は魔法防御壁を3重に展開した。
日々の鍛錬で、飛躍的に増強されている俺と彩の魔力。
果たしてボスに通用するか?
試してみたい気もするが、弘美と智子に見られるのは拙い。
ボスのブレスが魔法防御壁をガリガリ削る。
だが、壁に魔力を補充して壁を再生させる。

「彩、射程を計りたい、2人を赤石ボス程度に避難させてくれ。」

「はい、殿様、2人ともついて来て。」

『はい。』

3人を避難させる間、ボスを引き付ける為攻撃する。
圧縮強化風魔法を砲丸状にして叩きつけた。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く