話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第165話常陸大公家17

俺達は魔竜を狩りまくった。
ボスの属性魔龍が迎撃に来る前に4人の魔法袋は一杯に成ってしまった。
俺達は常陸大公軍に見せつける意味もあり、彼らが来る予定の冒険者村建設予定地に行った。
常陸大公家領内に設置予定の冒険者村には、既に組合長も買取長も来ていた。
彼らに狩ってきた魔竜の査定をさせて、直ぐに又狩りに戻った。
2度目の狩りも直ぐに魔法袋が満杯になり、取って返して査定をさせた。
4度目の狩りでようやくボスの属性魔龍が現れた。

「彩・弘美・智子、無理せず安全第一だ。」

『はい!』

八溝山地のボスは行き成りブレスを吐いた!

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く