話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第162話常陸大公家14

「殿、多摩からここに来ている奴隷冒険者の魔法使いが仕官を希望しております。」

「囮役の魔法使いかい?」

「はい、ヒロミとトモコです。」

「好い魔法使いじゃないか、家臣になってくれるなんて幸せだな。」

「はい、殿様、彼女達は優遇をしないといけませんね。」

「いえ殿、奥方様、扶持は自力で稼げます、今まで通り魔法袋の貸与と、家屋敷に貸与・陪臣士族位を保証してやれば宜しゅうございます。」

「それで好いのかい?」

「悪い噂が流れております、陪臣になると固定の扶持となり、狩った獲物は全部殿に上納させられると言う噂でございます。」

「まあ、なんて酷い噂、殿様がそのようなことなさるわけがございません。」

「その通りなのですが、噂とは悪意や不安が混ざるものでございます。」

「朝野は事前に話し合ってくれてるのか?」

「はい、以前から殿が約束してくださっていたように、狩利益は上納2割・手取8割・陪臣士族位・家屋敷貸与の待遇で間違いないと繰り返し言っております。」

「判った、では先ずヒロミとトモコに直接会って伝えよう。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く