話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第161話常陸大公家13

「朝野奴隷千人頭代理、御苦労。」

「は!」

「多摩を留守にさせて悪いね。」

「いえ、奴隷上がりの私が千人頭代理では、色々嫌がらせもありまして・・・」

「だろうね。」

「王国は、正規千人頭を派遣して、私を小人組頭にすると内示が有りました。」

「小人組頭は役料40俵だったっけ?」

「はい。」

「千人頭の200石とは比べ物にならないね。」

「はい・・・・・・」

「じゃ、大和家の家老として、陪臣士族200俵で仕官しない?」

「有り難き幸せ!」

「じゃ、前に相談していた魔法使いで仕官希望の冒険者や王国奴隷冒険者を選抜して。」

「はい、既に選抜は終わっております。」

「流石だね。」

「殿様、好かったですね、これで安心して狩りが出来ますね。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く