話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第160話常陸大公家12

八溝山地は阿武隈高地と続く、比較的低いが中規模の魔境だ。騎兵は馬で、歩兵は駆け足で常陸大公軍は陸上を向かったが、俺と彩は盥空船で先乗りした。

「殿様、馬鹿な者どもでしたね。」

「うん、これでは大公も御苦労されていただろうね。」

「大公様は・・・・・」

「王都で御会いして御挨拶したけど、真っ当な方だったよ。」

「そうですか。」
彩も言葉に気を付けてるな、不敬な言葉遣いは出来んもんな。

「王都の家老も用人も真面(まとも)な人だったから、付家老の城代が思いあがっていたんだろうね。」

「さっきの処分を大公様も国王陛下も認めて下さるでしょうか?」

「大丈夫だと思うけど、反対なら王命で引っ繰り返されればいいだけさ。」

「殿様の面子(めんつ)は潰れてしまいませんか?」

「奴隷上がりの俺の面子なんかどうでもいいさ、むしろ潰れた方が名門の貴族士族は溜飲が下がって、俺への風当たりが少なくなるかもしれん。」

「どちらでも殿様の不利にはならないということですか。」

「うん、心配してくれてありがとう、大丈夫だよ」

「はい! 殿様!!」

「見えてきたな、冒険者組合が約束通り準備してくれてるね。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く