話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第157話常陸大公家9

「国王陛下は王国の狩場設置は御考えでなかったが、このような仕儀になった以上、常陸家から献上するしかあるまい。」

「減封か。」

「千石程度で好かろう。」

「その程度で済むか?」

「口添えしよう、それに今回処分する謀反人と城代以下重臣団の領地を没収すれば、むしろ大公殿下の蔵入り地は増える。」

「黒字になるか?」

「城代の中山だけで2万石、全部合わせれば4万は超えるだろう?」

「たぶん・・・・・・」

あ? こいつは武辺馬鹿か!
石高の足し算引き算も出来ん馬鹿か?
それに・・・・重臣団はこれだけ無駄話してるのに、襲いも逃げもしない。
さっきの戦闘を見て観念したか?
腰抜けの集まりだな、これじゃいざ戦争になっても足手纏いどころか敵の手助けになっちまうな。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く