話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第156話常陸大公家8

「公爵家内の後継争いだけで、公爵家から侯爵家への降格、領地の移封減封だ。」

「うぅぅぅぅ。」

「越前公爵家は、建国王の長子で武勇誉れ高き武将であった、建国の戦いでも十二分の活躍をなされた、にも拘らず王家を継げなかった。それどころか、大公にすら封ぜられなかった。」

「知ってる。」

「それゆえ、代々の国王陛下は越前家に一方ならぬ配慮をされてきた、それを先代国王陛下は王権の強化の為に厳罰に処せられた、建国の戦いに一切貢献せず、天下平定後に産まれただけの常陸家、大公家に封じられた御三家は建国には何の功もない、この謀反騒ぎに対する罰で降格移封減封は免れん。」

「ならばどうせよと言う?」

          

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く