話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第154話常陸大公家6

「こ奴らをどうする御心算か?」

「城代として、謀反人は切腹させます!」

ち! ずっと何も出来ずアタフタしていたくせに!!
俺が全員制圧したら、急に城代風吹かせて手柄にするつもりか?
俺を殺せても殺せなくても、最終的には馬鹿を制圧処分して手柄にする心算だったか?

「王家への謀反を見過ごした罪! 城代の貴殿が一番!!」

「な! なにを!!」

「黙れ! 無能者!!」

「無礼な!」

「謀反を事前に察知できず、襲撃時には剣に手をかけることも出来ず、我が謀反人を倒すのに助太刀すらしない、それを無能! もしくは黒幕という!!」

「う!」

「図星か! 貴様ら知って謀反を見過ごしたか!!」
俺は常陸家で重臣を務めているであろう面々を睨(にら)み付けた!

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く