話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第151話常陸大公家3

「うん、35万石の体面を保つために苦しい財政状態なんだ。」

「どうやって財政を保っているんですか?」

「商人への借金だね。」

「それは・・・御三家の体面に為に借金に借金を重ねてるのですか?」

「うん、借金の支払いの為にまた借金する、苦しい財政だね。」

「早急に改善が必要だったんですね。」

「うん、だから俺達の狩りの方法は渡りに船だったんだ。」

「はい、判りました。」

「死ね~~~~」
「天誅(てんちゅう)~~~」
なんだこりゃ?
行き成り刺客?
て、常陸家の陪臣団じゃん。
城代以下重臣団は驚いてる?
腕は大したことない、標準の戦士だな?
殺すか?
大公家の陪臣でも剣を向けてきた以上正当防衛(せいとうぼうえい)?
兎に角、彩に剣を向ける奴は許さん!

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く