話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第150話常陸大公家2

「でもどうして国王陛下は、常陸大公家の狩場整備を優先されたのですか?」

「それはね、常陸家の成り立ちに原因が有るんだよ。」

「建国王の御子様のうち、3人を特に封じて大公家としたのでしたね?」

「うん、他の大公家との違いは知っているかい?」

「尾張大公家と紀伊大公家の事ですよね?」

「うん、そうだよ。」

「両家が王家に後継者が無い時は次期国王陛下を出す役割が有ることですか?」

「うん、それも違いだけど、別の事だよ。」

「判りません。」

「元々常陸家は28万石の領地だったのが、御三家の家格が確定して公称35万石になったんだ。」

「え? では常に7万石の赤字なんですか!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く