話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第149話常陸大公家

「殿様、多摩の王家卒族や冒険者・奴隷達の陪臣採用が認められてよかったですね。」

「うん、屋敷も2000石士族クラスの2000坪屋敷が空いていたから直ぐにに拝領で来たしね。」

「牛込御門の近くですし、王宮に近くて便利ですね。」

「うん、他にも総高3万9998石に相応しいだけの屋敷を用意するとの御言葉だったね。」

「800家は陪臣を採用しないといけませんし、王都に陪臣長屋も必要です。」

「うん、陪臣に妻子もいるだろうし、場合によっては一族郎党を養うような者もいるだろう。」

「家族は一緒に住まわせてあげたいです。」

「そうだね、領地の冒険者陪臣には現地陣屋内に長屋を設けてあげないとね。」

俺と彩は、盥空舟で常陸大公家に向かう途中で拝領した屋敷の話をしていた。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く