話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第146話陪臣採用2

「殿様、奥方様とてもとても好い話なんですが、旦那も子供もいるんで置いてはいけません。」

おばさんと姉さんに説明したのだが、2人ともそれぞれ家族が有って、王都への単身赴任は望んでいないようだ。

「ああ、家族も一緒に来てください、全員下男下女として採用します。」

「え? それは夫々(それぞれ)給与を払っていただけるのですか?」

「はい、武術道場や学問所に通って、陪臣卒族や士族を目指してください。」

「息子たちが陪臣採用されるのですか?!」

「実力が有ればです、ただ、最低限武家奉公人として中間には採用されます。」

「行かせてください! お願いします!!」

「では、急いで用意してください、出来次第迎えに来ます。」

「殿様、好かったですね。」

「うん、これで安心して食事が出来るし、自炊の時間が狩りや研究に回せる。」

俺と彩は多摩・明石・木曽の狩場を回りながら話し合った。開拓資金は幾ら有っても好いから、時間の許す限り狩りをして回った。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く