話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第145話陪臣採用

「殿様、文武採用大会を見てからではないのですか?」

「うん、ただ下男下女等の下働きや、急ぎ必要な役職は独自で試験採用してみる。」

俺は彩を伴って、盥空船で多摩奴隷冒険者砦に急いだ。

「朝野殿、何も問題は有りませんか?」

「大和様、奥方様、奴隷冒険者も一般冒険者も問題なく狩りが出来ております。」

「獲物の数は減っておりませんか?」

「今のところは問題ありませんが、そのような危険がございますか?」

「はい、ですから領地確定され次第、速やかに明石・木曽両山脈に冒険者を分派していただきたい。」

「判りました、囮役と狩り役は既に班分けされておりますので、冒険者に通達して置き速やかに移動できるように準備させておきます。」

「お願いします。」

「それと、信用できる料理人を大和家に迎えたいので、砦の料理のおばさんや受付のお姉さんに話をしたいのですが。」

「さようですか、毒殺が怖いですからそれが好いでしょう、それで待遇はどうされるのですか?」

「衣食住保証で日給100銅貨を考えています。」

「衣装は大和家のお仕着せを支給ですな?」

「はい。」

「食事の賄ですが?」

「一汁三菜を3食です。」

「豪勢ですね、住居は下女部屋に雑魚寝ですか?」

「おばさんと姉さんは頭分ですので、三間長屋で四畳半の畳間と一畳半の土間を予定しています、平の下女は雑魚寝です。」

「では平の下女の給与と食事は?」

「日給は50銅貨で食事は同じ一汁三菜です。」

「好待遇ですね、応募者が殺到しそうですね。」

「僕たちが奴隷のころ、庇ってくれた信頼できる人を厳選です。」

「それが宜しですね、ではご案内しましょう。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く