話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第142話献上品2

「先ずは臣、尊の分、61億9491万5000銅貨分の金銀でございます。」

『ウォ~~~~!』
『ザワザワザワザワ。』

「魔獣魔竜狩りには大量の魔力を消費してしまうため、魔晶石は消耗品・経費として除外させていただいておりますが、それ以外の売却した物の2割でございます。」

「うむ、天晴である。」

「次に臣、彩の分、61億9491万5000銅貨分の金銀でございます。」

『ウオ~~~~~!』
『ザワザワザワザワ。』

「なんと! 先のは2人分ではなく、1人分か?! 両名天晴である! 間部、これほどの献上品、やはり叙勲は過分、前例無と申すか!!!」

「これはこれは! 両名の叙勲は当然かと存じます。」

「あいや、お待ちを!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く